スマトラ♂羽化第1号
2018 / 02 / 15 ( Thu )
昨日のことですが去年大失敗したスマトラヒラタアチェ(大型極太血統)ですが新たにニョロを落札し再トライしていました。
岡山の方からの落札で詳細な血統は書いてませんでしたがその他の出品や岡山ってことからおそらくDDAの血統が入っていると推測できますがさだかではないです。
前にDDAでは、F-ZERO菌糸を買ってましたが予算の関係で今季は使用せず。(;'∀')
まあ、いい菌糸見つけたんで添加剤のみちょっと工夫して今季はやってみようかと。
ちなみに大失敗とは、3令後期に去年低温管理していたんですが蛹化に気づかず低温のまま羽化していまい全頭不全&☆に。(;'∀')
結構よさそうな蛹もいただけに残念でした。
スマトラは、蛹化後は25度くらいの暖かさはほしいところですね。(もう少し低くてもよさそうですが)
で、今回ですが3回目の交換しようとしたら蛹化していたというオチで2本羽化してしまったので正直期待してませんでしたが2回目交換時50gだったのでわるくはないと思ってたんですがどうかな?
18度以下の環境で普通に蛹化していしまいちょい焦ってました。

それでは、♂第1号です。
スマトラ♂
92ミリと普通サイズでした。羽化直後まもないので余りいろいろ測れませんがすべてが微妙ですね。
私的に90ミリオーバーでかつ、早期気味で2本羽化ってことを考慮すれば中々のサイズとは思うんですがね。
今季は、全体的に羽化が早くて♀が5か月で羽化し、♂は10カ月足らずで羽化しました。
3令中期くらいまで夏で温度が高めに飼育していたのが早期の原因かな。
3令後期から低温気味で管理しても蛹化しちゃうんですかね。(温度が低すぎたのかもしれないですが)
まあ、今回は3回目の交換タイミングが若干遅れたのが良くなかったような気もするんですけどね。

5頭飼育していて♀はだいぶ前に2頭羽化してましたが1頭☆になってしまいまして1頭のみです。
♂は蛹で1頭落ちて今回の♂と蛹中の♂がいるのでペアにはなってます。
相変わらず大型ヒラタはやばいくらい♀とずれますがブリは普通にできましたね。(パラワンですが・・・)
問題はこのペアで、インブリするか別の♀を探してアウトでブリするかで迷ってます。
オクなんかでkuniスマの血統とかDDAの血統の♀が出ているのでそちらをゲットするのもありかとか思ってるんですがね。
どっちにしろ本家から購入する予算はないのでオクでちょい嫁さん捜してみましょうかね。(^^)/

PS これで前期からパラワンは、♂は全頭100ミリオーバー達成し、スマトラはいまのところ90ミリオーバーは達成しているので私的な合格ラインには立てました。
今季はもう少し菌糸や添加剤や交換タイミングを考えつつさらなる大型をめざしますよ。(^^)/


05 : 52 : 32 | スマトラヒラタ | トラックバック(0) | コメント(8) | page top
インカ大変なことになりそうな予感
2018 / 02 / 13 ( Tue )
今日は、本当はペルティペスコフキカブトのハンドペアリングをしようと思ってたんですがどうも反応が悪いのでやめてました。
そして、何気にインカのちょい前に割り出した卵が気になり確認するとこんな感じでした。
インカニョロ
ニョロが4頭ほど見えていました。
まだ孵化したてと思われるド初令ですがこれで種あり確定ですね。
とまあ、ここまではいいんですが実はこの卵1月17日にセットしたケースから先週割り出してたんですが数がやばいです。
50個までは数えてたんですがめんどくさくて後はそのままマットに戻してました。
おそらく60個以上はあるようでした。
何個か今一なのもありましたが概ねよさげな卵だったんですよね。
ブンブンの場合は、カブクワと違って割り出したのはマット上に適当にばら撒いて上からふわっとマットかけるだけでいいんですよね。
ハナムグリ系は、いまいちな孵化率で結構卵が消えるんですがインカやシロヘリやトルコホウセキカナブンとかは産んだ卵はほぼかえる上に多産です。
2♀とはいえ、2週間ちょいで60個以上産むとは・・・。
これでインカが価格暴落した原因わかりました。産み過ぎ&孵化しすぎでしょ。
1♀でも下手すると3桁産む感じなんでちょいやばです。
ウガンとかこれくらい孵化してくれればいいんですが世の中そんなに甘くないってか。(;'∀')

実は、数日同居後2回目のセットに入ってもらってるんで解除した方がよさそうなきもちょっとしてきました。
綺麗なブンブンなんですがさすがに3桁飼育はやばいんでこのままの孵化率ならプレ行です。(^^)/

21 : 52 : 09 | インカツノコガネ | トラックバック(0) | コメント(8) | page top
お試しゼリー着弾&補強
2018 / 02 / 11 ( Sun )
KUWATA大宮が後1週間ですね。
楽しみですがこれと言って絶対狙っているものはないのでその場の雰囲気で決めたいですね。
まあ、補強したいのもいるのですがオクでも何とかなるのでその辺は価格次第でしょうかね。
何気に去年の横浜も今回も本来仕事予定でしたが結局有給使っちゃいました。(;'∀')
まあ、年に数回のイベントなんでいいでしょ。(;'∀')

で、本日はゼリーが底をついたので買わなければいけませんでしたが前回の乳酸ゼリーも悪くはないのですがいろいろ試してみたいので今回はこちらを購入しました。
ゼリー
ゼリーの特徴はこちら。
スーパーイエロー 16g バラ500個での出品です。
イエロータイプとホワイトタイプがあります。
イエロータイプはビタミン強化タイプで長寿メイン、
ホワイトタイプはタンパク・乳酸強化タイプで産卵促進メイン
です。どちらもバナナ風味で食いつき抜群です。

前回はホワイトタイプを買ってみたんですが食いつきはまあまあですかね。
何気にバナナ風味はなんとなくよさげなイメージがあるんですよね。
今回は送料がもったいないのとちょくちょく買うと面倒なんで500個入りを2個セット購入しました。
本来は、3個まで1梱包なんで3箱買いたかったですが初使用のため2箱で様子見です。
基本、通常ブリしない個体やメイン種でないのはこのゼリーで飼育してブリ中や力を入れている種はプロゼリー使ってますね。
500個でも2ケ月持つかどうかくらいなんでプロゼリーオンリーでは予算オーバーです。(;'∀')
肝心の液だれは多少はあるようですがそれほど気になるレベルでもないかな。(^^)/

で、話は変わりますが今週はいろいろマット交換していたんですが最初にフローレンシスニセヒメカブトをマット交換したら中々いい感じで育っていて安心しました。雌雄判別も♂5、♀5に分かれたんで最高です。(まあ、間違いの可能性もありますが・・・)
その次は、ギラファホワイトアイですが先に割り出した分を交換したところこっちも結構育ってました。
430ccプリンカップだったのでかなり手狭になっていたようで♂は1200cc、♀は800ccに移動しました。
どうもホワイトアイは我が家では大きさが出ないので自己ベストの109ミリオーバーを出すべく♂は、菌糸へGOしました。
ただ、ギラファはマットでも110ミリ超えるんで3令後期からはマットで全部飼育しますけどね。
で、本題はフローレンシスと同じ時期に飼育開始したミンダナオアトラスです。
本来、アトラスでも最大になる種なんで♂なら100g近い重さになるはずなんで時期的に大きさは結構でかいはずなんですが確認すると3ニョロとも今一なサイズでした。本来5頭いたんですが2頭☆になってました。
残りの3ニョロも発育が悪くダメな気もするので補強したいと思っていたところチャームにちょうど入っていたのでちょい迷いましたが購入しました。
3頭セットがお得なのでとりあえず3頭セットを購入しました。
ミンダナオアトラスニョロ
プリンカップの中のニョロを見せてもらい色合いのよさそうで元気そうなのを3ニョロチョイスしました。
初令のため判別は無理ですがそこはしょうがないです。
本来は、あと3ニョロくらいほしいのですがその内セールやるだろうと予想して我慢しました。
前に飼育していた時は、3令後期で♂が落ちてしまいブリできなかったので今回はなんとかペアそろえたいですね。
たまにWD個体も入るんですがWDは当たり外れがあるのでここはニョロからがいいかなと。
何気に幼虫期間は、ヘラクレスと余り変わらないので羽化はかなり先ですね。(^^)/

21 : 51 : 05 | ミンダナオアトラス | トラックバック(0) | コメント(12) | page top
我が家の最鬼門種着弾
2018 / 02 / 10 ( Sat )
皆さんの中でもスマホゲームやってる方いると思うんですが例にもれず私もハマってます。
前は敬遠してたんですが子供たちに一緒にやろうと無理やりインストールしたのがきっかけですが元々がヘビーゲーマーだったのでハマるのも早かったです。(;'∀')
初代ファミコンから始まり、PS3まではほぼすべてのゲーム機を持ってますし独身のころは給料の大半をゲームにつぎ込んでました。
まあ、子供ができたころから小遣いも減らされたんでゲームはやめてたんですがスマホげーって基本無料なんでいいですね。
今は、虫にお金がかかるのでゲームに金をかけられないため無課金縛りでゲームしてます。
で、今現在進行中のゲームはこちら。
1.モンスト
これは、初めてインストールしたゲームでテレビCMなんかもやってるかなりメジャーなゲームですね。
マメにイベントやってますが極めてしまうともはやガチャゲーになっちゃいますね。
でも、激レアキャラ欲しいのでガチャ目当てに毎日やってます。
ちなみに、最強最激レアのマナを子供たちの前で1げきで引いてビビってましたが実は自分が一番ビビりました。(笑)

2.城ドラ
こちらも人気のスマホゲームです。
これは、ガチャではなくキャラを育ててゲームのアイテムでキャラを買うんですよね。
こちらの面白いところは基本対人戦なのでパターン化できないのでそこが面白いです。
属性や相性などを把握してうまく立ち回らないと勝てません。
一人プレーや協力プレーもできるので単純にゲームとしては一番面白いですかね。
ちなみに、自分は1年かけてプレミアリーグⅢで戦ってますがもうすぐ上のランクに上がれるかな。
名前は、KKM@クワカブでやってるんでもし見かけたらフレンドになってね。(^^)/

3.にゃんこ大戦争
これは、かなり古くから人気のゲームでゲーム的にもガチャも面白いです。
これは、課金しないとあまりガチャが引けないタイプなんですが肝心のゲームが面白いためやってます。
猫缶貯めてたまにガチャ引いて激レア出るとめちゃくちゃうれしいですね。まあ、大抵外れですが。
ゲーム的には、持ちキャラで相手の城を落とせば勝ちですが相性やキャラレベルで攻略できないことも多く中々高難易度ステージは難しいですね。(^^)/

4.ドッカンバトル
ドラゴンボールを元にしたゲームですがこっちもCMやってますね。
最近始めたんですが激ハマり中です。
なぜか、このゲームはガチャの引きがわるく強いキャラが中々引けませんが他と違いキャラを強く育てられたり別のキャラでランク上げられるんである程度は何とかなりますね。
属性相性も結構あり、立ち回り次第では強敵にも勝てます。
その点ガチャの引き次第ですべてが決まらないのでやってて面白いですね。(^^)/

とまあ、4つも同時に進行してるんで仕事の休み時間や朝晩暇さえあればスマホいじってます。(笑)
元々突き詰めるタイプなんでキャラの特性や相性などはほとんど頭に入ってます。
どのゲームもすでに、子供たちを超えてしまっているのは、カブクワと同じで子供きっかけで親が激ハマりあるあるですね。(笑)
上の4つは、無課金でも十分遊べますのでお勧めです。(^^)/

とまあ、ゲームの話ばっかではあれなんで虫ネタを一つ。
ちょっと前からオクで気になっていた虫がいたんですが入札があったんで様子見していました。
先日終わり際でも入札がなく、勢いで入札したら落札できたんで昨日届きました。
こちらがブツです。
テルシテスニョロ
写真では分かりずらいですがお毛毛が生えたニョロです。
わかる方にはわかると思いますがテルシテスヒメゾウカブトニョロペアゲットです。
テルシには、苦い思い出があり虫飼育始めたばかりのころ5年くらい前ですが当時テルシは幼虫でも1頭数千円した時代で簡単に手を出せる代物ではなかったのですがお金を貯め3頭で1諭吉くらいしたんですが購入しました。
で、結局全頭☆に。(;'∀')
その後も数回挑戦するも全滅くらいまくり気づけば20ニョロ近く☆になってました。
その間、温度やマットいろいろ替えてみましたが全部だめです。
落ちるときは、ヘラクレスのようにマットを食べなくなりマット上に出てきて☆のいわゆる拒食症ってやつです。
拒食症ってきっかけが今一わからず、確実な対処もできないのでホント頭を悩ませます。
同じスモールメガソマでもヨルゲンセン原名亜種はほとんど無事羽化してるんでさらにわかりません。(;'∀')
前にもう二度とやるかって投げてたんですがここ数年はスモールメガソマの価格がかなり下がってるのでお手軽さが出てきたので
結局手を出しちゃいました。
今回は、下記の条件で飼育予定です。
1.微粒子カブトマット(いつものビートルマット)
2.温度は、23度前後。
3.マットは若干乾燥気味。(アヌビスと同じ感じですね。)
4.800cc瓶にて個別飼育。
まあ、これでもダメならさすがにもうやりませんよマジで。(ホントか?)

なんかいろいろ見ても簡単に飼育できますとか書いてあるんですが嘘じゃないの?
まあ、私がヘタくそなだけなんでしょうがこれがラストと思いつつ背水の陣で飼育にのぞみますよ。(^^)/

PS 昨日の記事でブラックハスタート紋無しって書いてましたがスペック見ると紋付みたいですね。
よく確認してなかったのでフルブラックだと思ってました。
訂正させていただきます。m(_ _"m)
06 : 30 : 44 | テルシテスヒメゾウカブト | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
BH着弾
2018 / 02 / 08 ( Thu )
先日のことなんですがブラックハスタートの成熟がよさそうなんでペアリングのため♂の顎を縛り様子を見ていました。
すると数日後、♂が瀕死の状態でした。
どうも私の縛りテクで昇天してしまったようです。(爆)
ってかなんで顎縛っただけで☆ってるんだと言いたくなりますがべつに先端を縛っただけなんですけどね。(;'∀')
結局そのままお星さまになってしまったのでお嫁さん候補2♀が余ってしまったので別のお婿さんを探してました。
するとよさげなペアが出品されてたんで入札したら競り負けたんで小さいペアに変更したらこっちの方が値段上がっちゃいました。(;'∀')
まあ、オクは駆け引きで失敗することもあるんでしょうがないです。
で、本日着弾したのがこちら。
ブラックハスタート♂
小さめですがきれいな♂がきました。

で、♀はこちら。
ブラックハスタート♀
ブラックハスタートの♀は、ちょっと光沢がありきれいですね。

それでは、スペックです。
★☆ブラック・ハスタート♂58mm♀38,5mm ペア☆★
【学 名】 Prosopocoilus hasterti hasterti
【サ イ ズ】 ♂58mm 紋付 ♀38,5mm 紋付
【産 地】 ベララベラ島
【累 代】 CBF1
【羽 化 日】 ♂2017年12月 ♀2017年11月
【状 態】 ♂後食済み ♀後食済み 完全未使用

ってことですがハスタートは♂はもう少し成熟待った方がよさそうですかね。
今度は、縛りで昇天しないように少しずつならしていかないとね。(笑)
これで、3♀状態なんで爆産体制整いましたが最近ブリ不調だし採れるかなあ。(^^)/

22 : 04 : 36 | ブラックハスタート | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>