ギラファノコギリクワガタ菌糸瓶交換
2016 / 02 / 19 ( Fri )
本日、ギラファノコギリクワガタの1回目の菌糸瓶交換をしました。
この幼虫は、今飼育中のオス109ミリ、メス51ミリのペアの子供です。
今回は、1回目のセットで孵化した3頭のうち菌糸瓶の食いがすさまじい2頭を交換しました。
結果は、19gと17gで両方オスっぽいです。11月下旬孵化なので2か月半でこんなものです。
いいのか悪いのかよくわかりません。ギラファは、何度か幼虫飼育していますが最終的に40g後半くらいが多いですね。
今回は、1回目の交換で19g、17gならまあいい方かな?
今までの経験で、初回の菌糸瓶800ccを2か月弱で食い尽くすのはほぼオスですね。
写真を忘れましたが17gのオスは、9割以上菌糸を食い尽くしていました。
ギラファの場合は、スマトラやパラワンよりは幼虫は小さいですね。
50g後半行ってくれれば110オーバーも可能かと思います。
勝負は、2回目の交換時に暴れを起こすかどうかですね。前回のときは思い切り暴れてダイエットしてしまったので
今回は気を付けないといけませんね。低温だと暴れが少ないと聞いたことがあるので2回目以降は低温管理で行こうかと思います。
1回目の菌糸瓶は、きのこの山のWISH-AとWISH-Kを使用しました。19gがWISH-Aで17gがWISH-Kでした。
2回目の菌糸瓶は同じにしたかったのですが諸事情により、チャームのXL-POT1400ccにセットしました。
2頭ともすんなり潜っていったので大丈夫だと思います。
結構菌糸瓶を変えるのは、よくないといいますが実際どうなんでしょうね。
あまり気にしませんが、本来は同一菌糸瓶がいいのはわかります。
この後は、2回目のセットで孵化した15頭が待っているので次回はなるべく同一菌糸瓶にしようかと思います。
この後が勝負なので115アップ目指してがんばりますよ。

スポンサーサイト
21 : 00 : 16 | ギラファノコギリクワガタ | コメント(0) | page top
<<ロンギチョンペルスミツノカブト | ホーム | 自己紹介>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |