FC2ブログ
ポルテリ羽化がしかし・・・&キヨタミ想定外の出来事
2018 / 04 / 30 ( Mon )
今日は、GWに入ってやっと休めるのでいろいろ作業したいですねえ。
明日あさっては、休出なんで今日の内にできることはやっておきたいです。

さて、昨日仕事終わりに虫作業してたんですが大分前に蛹化を確認していたゴロファ・ポルテリそろそろいいかなと割り出してみました。
結果やいかに。
ポルテリ♂
ポルテリ♂2
写真ちょいボケです♂が羽化してました。
ゴロファ最大種であるポルテリですがまあまあのサイズで羽化してくれたようです。
残念ながら内翅出てますが、上翅は閉まってるし角も曲がってないのでいいんじゃないでしょうか。
サイズは、測ってないっていうかどう測っていいのかいまいちわかりませんね。
ぱっと見では、でかめの国カブよりさらにでかく見えました。

そして♀はというと・・・チーン、残念ながら前蛹落ちでした。(´;ω;`)
先に蛹室作ってたんですが蛹室内でカラカラになってました。
時期的にズレも少なかっただけに惜しいですね。
一応、オクチェックしましたが現在♀単出品はなく、過去落札相場を確認すると♀単でも1万前後のため無理ですね。
ってことで、観賞用決定です。
幼虫期間も1年半から2年と長いので飼育も大変だし、♂がそこそこの羽化したんで終わりでいいかな。

さて、もう一つ話題があるんですが数カ月前に割り出したキヨタミのセットの残骸を処分しようとぶちまけるとこんなんでましたけど。
キヨタミニョロ
材産みで、マットも余り入れてなくケースに無造作に放り込んでいたんですが中から3令幼虫が出てきました。
しかも、結構でかい。(笑)
大きさや卵管有無でほぼ♂ですがあの環境でここまででかくなるなら菌糸瓶いらないんじゃ。(;'∀')
キヨタミは、4ニョロいましたが初2令で2頭になっていましたのでここでの1ニョロ追加は大きいので余品のカワラ菌糸瓶に早速投入しときましたとさ。(^^)/

スポンサーサイト
05 : 39 : 49 | ゴロファ・ポルテリ | トラックバック(0) | コメント(8) | page top
ウガンデンシズセット
2018 / 04 / 29 ( Sun )
昨日あたりからGWの方もいるかと思うんですが私も本来なら昨日から会社的に9連休だったんですが休み前に親会社よりありえないくらいの仕事をいれられ、さらにGW明けすぐに納期のためとても休んでられないので初日から休日出勤してました。
今日も出勤し、明日はさすがに休んで1,2日は仕事って感じです。(;'∀')
しかも、代出ではなく残業のため別の日に休めるわけではないんですよね。
まあ、代出しても結局休めないんで意味ないで残業の方がお金になるしいいんですけどね。
GW前に短納期の仕事大量に入れてくるって休みに仕事しろっての見え見えな気もしますが9日も休んでも飽きちゃうのでいいんですけどね。
後半は、無理やり休みにしてもらい4連休ぐらいは休まないとGWの意味がないですからね。
まあ、去年までなら元々4連休ぐらいだったんで実は去年と変わらないんですけどね。
M&Aで、大きな会社の子会社化されたんで親会社の休みに今年から合わせてるのでやばいくらい休みが増えてますので逆にGWに出て休日出勤手当もらえるだけ去年よりいいかも。
まあ、GW休めない方もいますし、仕事があるだけ良しとしましょうかね。(^^)/

そして平日残業も半端なくセット時間のないクワカブですが昨日は休出だったので夕方には帰れたんで1つセットしました。
ウガンデンシズセット
ブンブン王国皇帝のウガンのセットですがウガンって自己ブリで2回ほど回したんですが前回分の幼虫が寒さで1♂羽化して、ほかは全滅とありえない状態で終了していたので新たなウガンを幼虫で補強して、さらにブルー系ペアを落札してたんですが今回はじっくり行こうと単独でたっぷりエサを与えていたんですがその名の通りブンブン飛び回ってるし、エサもやばいくらい食べるので先週より同居させてたんですがやばいくらい交尾してるんで体力無くなる前にセットです。
本来別に同居期間1週間もいらないんですが今回は念のためです。
さらにブンブンは、種切れ防止で同居セットなんで同居自体なくてもいいんですけどね。
ウガンのブリは、今までブンブンとしては意外と順調で2桁は採れるんですが爆産はしたことないです。
他のアフリカンなハナムグリは、私的に孵化率の悪さが半端なく割り出した卵が一個も孵化しないとか結構あるんですよね。
その点ウガンは、ましな方で半分以上は大体孵化しますね。
幼虫もでかくなるので、エサ切れと可能な限りサプリメント(ドックフード)を入れ管理すれば飼育は簡単です。
冬場の低温は、幼虫は落ちないのですが蛹化時にほぼ落ちてしまいダメです。
冬場でも20度を下回るところに長時間置いておくと不全率激高になるので冬でも20度以上が最低欲しいですね。
ちなみにこのペアブルー系として落札したんですが♂は、頭が緑で体が青、♀は体が紺色で翅の一部が赤というブルーというには微妙な色ですがツートンで変わってるのでこれはこれでいいかも。
色固定はされてないので、次世代がどんな色になるかわかりませんがさすがに親と全く違う色にはならないような気はしますがどうなんだろ。
3回目の挑戦だし、20くらいは最低欲しいんですけどね。(^^)/

PS 羽化ラッシュで、どうにもゼリーの減りがやばいのでどうしようか途方に暮れてましたが忙しくてオク出品どころではないので考えていると同僚がGWに会社近くのイワナパークでカブクワ売るって話を聞いたんで私の余品売ってもらうことになりました。
価格は、かなりリーズナブルに設定してありオクより安いくらいの設定にしておきました。
基本オクでは売れない、♂単が多いのですがブリ予定のないオオクワや使用済みなんかも格安で売って成虫の数を少しでも減らさないとゼリー代で飼育費がなくなっちゃいます。
目玉として、使用済みですが106ミリパラワンも売っちゃおうかと思ってますがこれだけ値段高めに設定してすぐ売れないようにして客寄せに使うかと思ってるんですけどね。
さすがに、クワカブ初心者で106ミリのクワガタとか普通見たことないでしょうから客寄せになるかと。
本当は、GW中ずっと売ってるとか言ってたんですが私同様仕事で結局、3,4,5,6日だけ売るらしいです。
イワナパークは、基本イワナの管理釣り場ですが値段がリーズナブルなのもあり他県からも結構人が来るみたいでGWは結構にぎわうみたいで前にも一度売ったことあるんですがほぼ完売でした。
GW休みで浮かれているのか結構いっぱい買ってくれる方いるので実はいい商売なのかも。(笑)
手間賃あげてるうえ、価格も安く設定してるので手元には余り入りませんがゼリー代の足しくらいにはなってくれると助かります。(^^)/


04 : 55 : 48 | ウガンデンシズ | トラックバック(0) | コメント(10) | page top
葉っぱが増えた(;'∀')
2018 / 04 / 27 ( Fri )
この間、オオコノハムシゲットして育しているんですがゲットする時とりあえず1頭いれば単為生殖だし次世代問題ないよねとか記事で書いてましたがよくよく考えると♀のみで次世代採ったのなら♀確定ですがペアリングした場合♂がでる確率があるんですよね。
もし♂ならいくら単為生殖の生物でも次世代残せません。(;'∀')
出品情報には、ペアリングしたのかどうか書いてないし取引終了してるのに聞くのもなあとか考えてしばらくたったんですがやっぱ増やそうとオクをチェックすると出品終了してました。(;'∀')
で、まあしょうがないよねってあきらめてたんですが先日再出品されてたんで速攻落札して昨日届きました。
こちらです。
コノハムシ
予算の関係で2頭しかゲットできませんでした。
まあ、これで全♂ならあきらめましょ。
ちなみに庭に、エサ用の白樫の木植えたんですがよく考えると木なんでそう簡単に育ちませんので当面のエサの確保のため知り合いに当たりまくったら、母の知り合いの家の生け垣に樫の木があったんで枝と葉っぱを貰えることになり一安心です。
後、別情報で近場で道路の生け垣に樫の木があると聞いたので今度見に行ってみます。
コノハムシやナナフシは、脱皮して大きくなるのでクワカブとは成長過程が違うんですよね。
爬虫類や両生類と同じ成長ですが昆虫の場合、クワカブのように幼虫で大きくなり成虫になるタイプと今回のような親と同じような形で孵化して脱皮しながら成長する2タイプいるんですよね。
なんで2パターンあるのかは、生息地域の環境なんかが影響してるのかなとは思うんですが謎です。
昔、爬虫類でレオパ、現在両生類でカエルとウーパー飼ってるんですが爬虫類の脱皮はそのものの形が残りますが両生類は粘液みたいのが浮いてるだけでよく見ないとわからないんですよね。
ちなみに人間も脱皮とはちょっと違うかもしてませんが皮膚がどんどん古いのから新しいのに再生していくので脱皮と言えなくのないのか?
うーん、生物って奥が深いなと観察していて思いましたよ。(^^)/

さて、話はクワガタに戻りますが先日何度もトライしていまだにブリさえできていない相性の悪いクワガタの♂が羽化しました。
こちらなんですがわかりますか?
キルクネリウス♂
キルクネリウス♀
いやあ、またしても羽化直後に割り出してるし。(;'∀')
しかも、皮かぶってますな。(;'∀')
こちらは、キルクナリウス・グランクシイになります。

スペック
キルクネリウス・グランクシイシカノコギリクワガタ
中国広西壮族自治区
孵化日 11月
シカノコギリ属ってこの種しかいないとあったんですがキルクナリウス・キクロマトイデスってのがいるんですがどうなんでしょ。
キクロマトイデスってかなりレアなんですがベトナムで36年ぶりに採集されたと昔記事がありました。
キクロマトイデスも稀に、オクに出てるんですが形的にグアンクシイの方がかっこいいですね。(個人的ですが)

こちらは、昔虫友さんのアーリーさんのブログでみてかっこよさそうなんで幼虫をゲットして飼育してましたが落ちまくった挙句♀1頭のみ羽化と撃沈し、その後ペアを買うもブリ前に♀が落ちて終了。
さらに、収まりがつかずさらにペアを買って成熟を待ってたら今度は♂が落ちました。(;'∀')
もうにっちもさっちもいかず、休止してましたが去年暮れのKUWATA横浜で格安で6頭幼虫ゲットして何気に飼育してました。
聞いたところこの種は、カワラでないと大きくならないようなんで200ccプリンカップで飼育してました。
本当は、400ccくらいほしいところですがなんとか羽化まで持っていけました。
言われた通り、♂は中々いいサイズで羽化してくれたんで今後も次世代採れたらカワラプリンカップ200ccで飼育できそうかな。
もう少し大きさ狙うなら400ccくらいの大きさのプリンカップのカワラ飼育でいいかな。
このペア以外に、♀1頭と♂の幼虫が2頭いるので2ペアは確保できる予定です。
ホントは、もう1♀いたんですが蛹で管理中に不注意で落ちちゃったのでもったいなかったなあ。
今回不注意がなければ、全頭無事だった可能性が高くやはりカワラ飼育が大きさ生存率ともに一番安定するようです。
意外と長生きなのでしっかり成熟させてからブリしてやりやんす。(^^)/

PS 3月あたりからの羽化ラッシュのため、ゼリーの消費が半端ないです。
1000個あったゼリーも残りわずかで、プロゼリーも後100個くらいしかないです。
今月は、いろいろ買っちゃって予算がなく500個かえないので給料日までのつなぎにこちらを購入。
ダイソーぜ
こちらは、ダイソーの昆虫ゼリーです。
国産で、18個入りの高タンパクゼリーですが決して安くはないのですが高タンパクゼリーだとこれが一番簡単に手に入るし仮にも国産手あるので使えないこともないだろと7袋購入しました。
今のところ普通に食べてるので良さげですが何気に1日一袋無くなるんですが・・・・。
このペースでは、1カ月で30袋?マジか金がかかりすぎるだろ。(;'∀')

 
05 : 03 : 23 | オオコノハムシ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
Dの大脱走・・・追跡結果は?
2018 / 04 / 25 ( Wed )
昨日なんですがいつものように朝ゼリー交換してるとなにやら1つのケースの蓋が半開きに…。(;'∀')
こ・これはいつもの?あれですか?
お察しの通り、例の♀が旅に出たようです。(;'∀')
例の♀とは、先日わが家にやってきたお嫁さん候補のダビディス嬢です。
100均のミニケースにマット多目に入れてた上に、蓋のロックが弱っていたのか蓋開けちゃいました。
まだ、ペアリングさえしてないのに勘弁してほしいと朝っぱらから捜索するも見つからず時間切れで一旦あきらめ仕事へ。
夜仕事が立て込んでいて夜9時過ぎに家に着いたんですが気になったんで飯も食わずに捜索再開です。
虫小屋は、裏庭の物置の一角にあるんですが夜は蛍光灯1つなんで隅々まで照らせないためペンライト片手に探し回った結果・・・奥の方のスチールラックの横の柱の下の方に黒い物体が・・・。
もしやと思い近づくといました誇りまみれの♀がくっついてます。
しかし我が虫小屋やばいくらいケースが縦積みされてる上、ラックもいっぱいあり手が届きません。
仕方ないのでいろいろどかしながらなんとか捕獲しました。
いやあ、せめて次世代採れてから旅に出てほしかったんですが、我が家のイケメン♂が気に入らなかったのか旅に出てましたが捕獲出来てほっとしました。
今回は、コバエシャッターミニに入れ、しっかり蓋したんでもう逃がさん。
♀も2月羽化のため、週末にはペアリングしてGW中にはセット予定です。
実は、先週まで虫小屋ゴミ屋敷だったんですがこの前の週末久し振りに掃除したんで綺麗だったので見つかりやすかったですね。
教訓・・・掃除はマメにしましょう&蓋はしっかりね。(笑)

さて、ダビディスつながりで前から蛹化していた我が家の累代♀ですが昨日確認すると羽化してました。
ダビディス♀羽化
前蛹で掘り出してしまい、3ニョロ人口蛹室に入れてたんですが1ニョロダメで2頭は蛹化してたんですが無事羽化したようです。
羽化直後で翅が白いですが上から見た感じでは完品な気はします。
ダビディスは、蛹室が縦型のため人口蛹室は竪穴式住居になってます。(笑)
もう1ニョロも色が変わってきてるのでそろそろかな。
しばらく蛹室で過ごしてもらい、固まったらケースに移動です。
それにしても、40近く採れたダビディス飛ばしたとはいえかなり落ちた挙句に♀2頭とはねえ。
でも、ダビディス2回目の幼虫飼育でやっと成虫拝めました。
他でも幼虫落ちまくり情報を聞くので我が家だけではないようですね。
落ちるときは、カブトによくある拒食症状なんで菌かダニの影響なのかもしれないですがかなりデリケートな幼虫ではないかな。
無事羽化したので、先日の♂となんとかブリ間に合うような気もしてきたのでうまくいけば3ラインできそうです。(^^)/


04 : 56 : 37 | 国産カブトムシ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
フローレンシスマット交換
2018 / 04 / 23 ( Mon )
去年☆かぶ★さん、プレにて当選したAKECHIさん協賛品であるフローレンシスニセヒメカブト大分食いあがってたので交換しました。
年始めに交換したときは、いい感じで育ってましたが数カ月でどれくらいになったか楽しみです。
で、前回雌雄判別したところ♂5、♀5と奇跡的な振り分けでした。
で、♂のケースを開けるとこんなんでましたけど。
フローレンスニョロ
なんといきなりの48gってか。
中型カブトのフローレンシスですので48gってでかいような気がするんですが。
似た大きさの国カブでも48gってあまりないですよね。
ってことは、80アップ確定ではないのかな。うまくすれば、80ミリ後半行くかも。
しかも、羽化まで1年弱かかるフローレスですのでこちらは、まだ7カ月くらいなんでもう少し伸びしろあるかも。
50g超えたら90ミリも夢ではないかも。(^^)/

で、全部交換した結果。
♂ 48g
♂ 48g
♂ 46g
♂ 44g
♂ 37g

♀ 32g
♀ 32g
♀ 30g
♀ 28g
♀ 27g
って感じで♂は、ほとんど40gオーバーでした。
種親は、WDなんで親越えは確定ですね。
フローレンシスも大型はかっこいいので目指せ90ミリオーバーでしょ。
ちなみに今回は、rushマットに入れてみました。(^^)/

PS ついでに、アマゾニコ血統ヘラヘラ幼虫交換したんですが前回2月に2令で購入しているので2ケ月ちょいでどれくらい伸びたかというとこんな感じです。
アマゾニコ
61gと3倍になってました。
ちなみにこの61gが最大でしたが判別は、♀でした。(;'∀')
次にデカかった60gニョロは、黒点が見えたので♂でほぼ間違いないです。
後は、50g台1ニョロと、27gが1ニョロでした。
どうも27gは、拒食の疑いがありダメな可能性がありますが他は順調ですし、♂1、♀2判定なんで他はしっかり育ってほしいですね。(^^)/
マットは、当然今回はrushマットです。
先日かったばかりで、すでに半分以上使ってます。(;'∀')


20 : 30 : 52 | フローレンシスニセヒメカブト | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
うれしい着弾
2018 / 04 / 22 ( Sun )
今日は、昨日にもまして暑くてお昼には30度超えて日差しが真夏でした。
そんな中、先日前回のプレから虫友さんとしてお付き合いしている空さんより、クワガタいかがですかと言っていただき、初飼育種だったのもあり是非にとお願いしておりました。
それが本日着弾しました。
こちらです。
空さんから
予想以上にたくさんいただいてとてもうれしく感謝でいっぱいです。
しかもすべて初飼育種なんでこれは飼育やブリが楽しみです。(^^)/
品物は、午前中指定でしたがほぼ12時に到着したんで早速確認しようと外に行くと日差しと気温がやばいことに。
私の住んでいる地域は、両隣に全国トップクラスの気温をたたき出す市に挟まれているため当然ながら気温も全国トップレベルの暑さです。しかも湿度も高いんでどうにもやになります。
12時の段階で30度だったんで、駐車場の屋根の下の日陰で作業しました。
まずは、成虫ペアを飼育瓶へ移動です。
ダイトウヒラタペア
こちらのスペックです。
ダイトウヒラタ ペア
産地 北大東島
累代 CBF1
羽化日 1月下旬

ダイトウヒラタペアを頂きました。
離島ヒラタですがヒラタには珍しく赤い色をしていて変わっていますね。
こちらも初飼育なんですが1月下旬羽化とのことですので秋にブリするかまたは越冬させて来年ブリするか迷うところです。

つぎはこちら。
パンダヒラタペア
スペックです。
バンダエンシス ペア
産地 バンダ諸島/ロンタル島
累代 CBF3
羽化日 3月上旬

バンダヒラタって言われる小さなヒラタで、存在は知っていましたが実物を見るのは初めてです。
小さくてかわいいですがヒラタなんで凶暴なんでしょうかね。
ただ、歯の大きさを見ても♀を真っ二つにはできないでしょうから同居セットでよさそうですね。
こちらも、ブリは早くても秋くらいでしょうか。

さらに、幼虫も2種頂きました。
まずはこちら。

オキノエラブヒラタ
産地 沖永良部島 大山
累代 WF4
割り出し 3月上旬

最初の写真の右に写っている3頭を頂きました。
3令でしたので雌雄判別すると♂2、♀1と出たのでいいんじゃないでしょうか。
まあ、クワガタの雌雄判別はどうも卵管を見つけずらく間違えることもありますが今回は大丈夫な気はしますがどうかな。
状態を見るとおそらく今年中には羽化しそうな気がしますね。

さらにこちら。

クメジマノコギリ
産地 沖縄県久米島
累代 F3
割り出し 2017年12月上旬

クメジマノコを7頭も頂きました。
すべて3令でこちらも夏から秋には羽化するような感じです。
クメジマは、いわゆるオキナワノコの亜種ですがクメジマノコは初飼育ですね。
オキナワノコでは、クロシマノコを飼育中で現在蛹化真っ最中ですのでこれで2種目になりますね。
離島ノコとしては、アマミとトカラを飼育してます。

いやあ、いっぱいいたので恐縮ですがすべて初飼育ですのでこれからとても楽しみです。
空さん、この度は色々頂いて感謝いたします。m(_ _"m)
しっかり育いてたいと思いますので今後ともよろしくお願いします。
私の飼育品で気になるものがいれば言ってくださいね。(^^)/
ちなみに、幼虫は昨日来たrushマットで飼育してみようかと思います。
これから伸びるのか不明ですがrushマットは、根食い系と相性いいようなんでいいんじゃないでしょうか。

PS ホント今日は、やばいあつさでしたね。
午後用事でチャームに行きましたが車の温度計32度でした。(;'∀')
さすがに、昨日から虫小屋も昼間はクーラーに変更しました。(昨日でも、30度超えてたんでさすがにやばいですね。)

19 : 58 : 05 | 虫友さん着弾 | トラックバック(0) | コメント(14) | page top
ダビディス結局・・・&久々にあのマット買ってみた
2018 / 04 / 21 ( Sat )
昨日マットが到着しました。
去年は、ドルクスマットSPをオクで出しているところでビートルマットも落札していましたが先日昔使っていたrushレギュラーマットをオクでみてみるとアマゾニコさんが使っているようでギネスサイズでたとかノコでギネス更新とか出てたんで、我が家もアマゾニコ血統いるので久々に買ってみました。
何気に、値上げしてから買ってませんでしたが決して高いわけではないのでコスパはいい感じです。
昔は、60Lの大箱で980円でしたが今は50Lで1200円と値上がりしてます。
どうもアマゾニコギネスでかなり売れてるようですし、さすがに980円で60Lは安すぎでしょうからね。
我が家は、去年から大型カブトが増えているのでマット消費が半端ないので次回は業務便で200L一気に頼むと送料を節約できそうです。(1ケース辺り700円で送ってもらえるので)
今でも送料は、850円なんで送料込みでも2050円で50L手に入るのでコスパはいいんですけどね。
今後は、ノコ系と一部ヒラタ系とヘラクレス系にはrushマット使おうかと思ってます。
マットとしては、かなり粒子があらく心配になるんですが小さめのノコでも食ってくれるので思ったほどでもないようです。
さすがに、コカブには使う勇気ないので先のビートルマットと合わせて使おうかと。
ちなみに60L1280円が50L1200円って実質値上げですがこの原因は、ゆうパックの重量制限が30キロから25キロに下がったためなんでなんてことしてくれるんだ郵便局って感じで、送料は上がるし踏んだり蹴ったりなんで今後特別な場合を除いて発送はヤマトに戻ります。(;'∀')

さて愚痴も出てしまいましたが実は本日こちらも着弾してました。
ダビディス♀1
これ見てすぐわかる方は、中々カブト通です。
先日、♂を補強したあのカブトの♀結局落札してました。
先週仕事の空いた時間に、ヤフオクチェックしていると何やら激安のカブト♀が出ていてしかも即決価格だったので即落札してたんですが♀でこの価格今まで見たことないのでかなりお得です。(仕事中にチェックしてたのは内緒です(;'∀'))
残り7日でしたので出品直後に落札した感じでタイミングばっちりでした。
こちらは、たまに買い物する虫屋ドットコムがヤフオクに出品してるストア商品なんで出所もしっかりしてますね。
そういえば、昔虫屋ドットコムでこのカブトの幼虫ペア買ったの思い出しました。(まあ、蛹で落ちましたが・・・)
そうです、そのカブトとはダビディスカブト♀単になります。
虫屋ドットコムは、送料が通常より安いのでたすかりますね。
ゆうパックになったんで、関東までだと翌日午前着できないのが痛いですがまあ、今の時期大丈夫でしょ。

何気に、去年爆産したんですが幼虫が落ちまくり結局2♀が蛹化したのみでしたので先日♂を落札したんですがすでに後食始めてるし、寿命が短いので間に合わない可能性があるのでできるなら時期の合う♀がほしかったのでタイミングばっちりでした。
ただ、2月羽化のためちょっとヤバ気な気も多少はしますが数日エサを食べさせたらすぐペアリングしないとやばそうな気はちょっとします。
寿命のイメージは、見た目と似ているのかほぼ国カブと一緒ですね。
ただ、国カブより若干成熟に時間がかかるイメージでしょうかね。
我が家の♀蛹も黒っぽくなってきたので羽化は近そうですが成熟に1カ月くらいかかるので間に合うかマジ微妙ですよね。
間に合えば、3ラインで組めるんでいくらかいいですが寿命の短い種はほんと気を使います。
去年は、爆産したのでブリ難易度はそれほどでもなく国カブと同じで産んでくれます。
問題は、幼虫の管理ですが今回はどうしたもんかですが採れたら数パターンで飼育して全滅を防いだ方が無難でしょうか。

ちなみにこの♀結構変わってます。
ダビディス♀2
翅は艶ありブラックで、頭は凹んでいて小さい角のようなものが中央にあるんですよね。
♀は、去年初めて見たとき結構衝撃的だったのを思い出しました。
ちなみに、蛹にも小さい角のような突起がありチイサイズの♂と間違えやすいです。(^^)/

結局このペアで次世代採ると我が家の血統リセットされてしまいますがまあいいでしょ。(^^)/

21 : 34 : 54 | ダビディスカブト | トラックバック(0) | コメント(8) | page top
でかいの2つ
2018 / 04 / 20 ( Fri )
昨日の話ですが前々から蛹を確認していたボトルを確認すると羽化してるようなんで我慢できずに割り出しちゃいました。
そして、中身を確認すると・・・。
コンフキウス♂
まだ羽化直後で赤みを帯びてますが実際は艶のあるブラックです。(;'∀')
しかし、見た感想はデカって感じです。
固まってないのでアバウトですがノギスを当てると98ミリありました。
固まっても90後半は行ってるようです。
コンフキウスは、100アップするポテンシャルはありますがかなり放置気味でしかもマット飼育でここまで出るとは予想外です。
そう考えるとしっかり管理すれば100アップは十分可能なのかなと思いますね。
BE-KUWAギネスは、107ミリくらいなようなんでギネスは無理でも100アップは狙いたいです。
コンフキウスは、去年かなり採れたんですが需要がないのかそれほど飛ばせず手元に結構な数残ってるんでこれからも続々羽化すると思います。
実際この♂よりでかい幼虫もいたのでもしかしたら100アップあるかもしれませんが幼虫の大きさでサイズがすべて決まるわけでもないので何ともわかりませんけどね。
♀は、すでに結構羽化しているのもいるのでブリは問題ないですが成熟に時間のかかる種なんでじっくり行きますかね。
何ペアできるかわかりませんが余品は、かっつさんプレにでも回そうかな。
コンフキウスは、マットでもでかくなるようなんで次回採れたら基本マット飼育しようかな。
今回お試しでちょっと菌糸も使ったんですが結構暴れてたんでマットの方が逆にいいのかもしれないですね。
似た大きさのギラファに比べるとかなりスタイリッシュなんで30g前後の幼虫でも90は軽く超えてきます。
やっぱ初飼育の初♂でこのサイズかなりテンションアゲアゲです。(^^)/
ちなみに種親♂のサイズは、85ミリくらいでした。(笑)

さらに別のこちらもでかいの出ました。
タカクワイレコード
タカクワイの♂なんですが結構な数羽化してますが先日自己レコード更新しました。
下が今までの自己レコード約75ミリで、上が今回のレコード78ミリになります。
見ただけでも大きさに差があるのがわかると思うんですがこちらは、オクで落札後すぐに1000cc瓶にいれて次に1200cc瓶最後はマット飼育していた個体です。
タカクワイは、オクで落札した血統とper-kさんかんら頂いた血統がいますがかなり♂に偏ってます。
♀も結構いるのでブリは問題ないですけどね。
♀は、後食開始した個体もいるので♂も早いとこ成熟してもらいたいです。
実は、per-kさんより頂いた幼虫で1頭だけデカいのがいたんで菌糸に入れたんですがいまだに蛹化さえしないのでやきもきしてます。
結構でかい幼虫だったので期待してるんですけどね。
ただ、マットから菌糸だと結構暴れがでたんで基本は、3令後期まで菌糸で最終瓶マットが一番安定するような気はします。(^^)/
タカクワイももう少し工夫すれば80ミリオーバーも狙えそうなんで次世代は幼虫を選抜していろいろやりたいと思います。
まあ、採れたらの話ですけどね。(^^)/

PS コンフキウスやギラファは、大型♂は1年くらいかかるんですがタカクワイはかなりサイクル早いです。
♂でも10カ月くらいあればほぼ羽化してしまうようですので早いですね。(^^)/




04 : 48 : 11 | コンフキウスノコギリ | トラックバック(0) | コメント(8) | page top
ペルティペス割り出し
2018 / 04 / 19 ( Thu )
ちょっと前からブリしていたペルティペスコフキカブトですが1ケース割り出してました。
結果は、割り出したところ卵が見つからずまたボウズかよってことで一応マットは捨てずにケースに入れ保管してました。
そして、さらに数週間たち捨てようとマットを確認すると・・・。
ペルティペス
なんと1ニョロでてきました。
どうやら見逃した卵があったようですね。
1ニョロでは、どうしたもんかですが実はコフキ系カブトで幼虫採れたの初めてなんでテンション上がってます。
ヨツボシ、モンゾーニ、グランディス壊滅状態だったのでこれは今後に期待が持てます。
なんか卵までは産ませられるんですが孵化しなかったんですよね。(;'∀')
2回目もセット中ですが♀が1頭落ちてるので追加があるかは微妙ですが1ニョロでも採れてれば追加の期待も多少はあるかな。
最近オクでも、結構出ているので別血統ニョロゲットしようか迷ってるんですけどね。(^^)/

さて、話は変わりますが今季力を入れているニジイロカラーアイですがグリーン血統が12ニョロほど採れているんですが追加がほしくてマットでセットするも1卵(後日消滅)で追加できず、♀も弱ってたんであきらめてたんですが菌糸ボトルが1本余ってたんでダメもとで♀を入れてましたが一応潜ったり出たりを繰り返してました。
で、先日何気にボトルを見るとなんと卵があるじゃないですか。
どうやら産んでたようです。どのくらい産んでいるのかわかりませんが1000のボトルなんでそれ補とでもないとは思いますが追加の可能性が出てきました。
20くらいは、幼虫欲しいので後8ニョロくらい採れればいいんですが最低でも数頭は欲しいですね。
やっぱり、ニジイロはマットセットより菌床産卵が我が家では相性いいですね。(^^)/






05 : 23 : 40 | ペルティペスコフキカブト | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
YGオオクワ始動&人工カワラ材作成
2018 / 04 / 18 ( Wed )
一昨年90以上採れてしまい大変なんことになったYGオオクワですが去年は2LINEしかセットせず1LINEがボウズでしたので数的に15くらいしか飼育してません。
さすがに少なすぎたんで、今季の種親をプレで狙ってたんですが高倍率の最強のオオクワペアを実は去年プレでゲットしてました。
前から交流させていただいているオオクワやヘラクレスですごい個体をいっぱい出していらっしゃるgifunotakaさんよりすごい血統のYGゲットして越冬させてましたが最近の暑さで目覚めたのでエサをあげまくって先日同居させてました。
こちらがペアです。
YGペア
いやあ、やっぱオオクワかっこいいですね。
ちなみに、頂いたときかっちょいいオリジナル血統書つきでした。
血統書
なんかすごいブリーダーの方の名前がありますね。
なんかすごく期待しちゃうペアなんで何とか次世代採りたいです。

さらに、我が家の去年最大の♀がこちら。
YG♀
右の個体なんですが写真の角度でわかりずらいですが左よりかなりでかいんですよね。
さらに幅もかなりあり、いわゆる極太個体ってやつです。
羽化時55ミリオーバーしてたんですが越冬後再計測すると54.5ミリでちょい縮みましたがそれでもでかいですね。
血統的には、847なんですが旧ギネスとかいるのになぜか847で最大個体が出てました。
さて、こいつをどの♂とブリするかですがまあ、gifunotakaさんの♂でしょ。

さらに、♀に偏っていたので50から52くらいの♀が大分余ってるんであと1LINEは、これまたひでのぱぱさんプレで当選した本家YGからの血統♂プレで当てているのでそちらとコラボ予定です。
ひでのぱぱさん
ひでのぱぱさんの血統は、本家からの血なのでいいですよね。
とりあえずは、この3LINEで行く予定ですが、自己ブリでも83ミリ前後の♂がいるのでその辺も2軍としてブリするかもしれないです。
とりあえず、今年は30前後飼育できるように調整してブリする予定ですがうまくいくんだろうか。(^^)/

PS オオクワとは関係ないですがこんなの作ってみました。
カワラ
前回も作った人工カワラ材ですが今回は前回の良くない点を改良するためこの形状に。
前回の問題点は、タラなんかに使うと転がしセットなんで表面から乾燥していき1カ月もするとカラカラでカチガチになってしまうのでその点を解消するため考えたのがペットボトルに詰めてしまおう的な発想です。
2リットルペットボトルを半分に切り、カワラブロックを詰めるだけですので簡単ですね。

メリットとして、表面がブラスチックでおおわれてるので乾燥しずらいのと何と言っても割り出しが超楽です。
ペットボトルなんで、切ればそのまま割り出せます。(^^)/
菌糸瓶では、切って割り出すのはボトルがもったいないですからね。
本当は、底が平らなのがいいんですがちょうどいいペットボトルがなかったので底が変な形です。(;'∀')
注意点は、縦長なんで底の部分が酸素不足になりやすいので底に少し小さな穴を空けるといいかもしれないです。
ちなみに、タラ♀セットしたら速攻潜ってくれたんでいい感じでしょ。(^^)/

05 : 21 : 28 | 国産オオクワガタ | トラックバック(0) | コメント(10) | page top
| ホーム | 次のページ>>