2017-04-25(Tue)

待望のゴロファ最大種着弾

プレ見発送品
ジャガイモチャレンジコース 芽が出てきました(*^▽^*)
----------------------------------------------------
本日念願のゴロファ最大種であるあのカブトが着弾しました。
前々から欲しくてしょうがなかったのですが値段があれなんで手が出ませんでしたが先日オクでニョロペアが出品されていて、しかも雌雄別血統ということで散々悩んだ挙句落札しました。
値段もギリ出せるくらいでしたので余計我慢できませんでしたよ。(;´・ω・)
ポルテリと言えばゴロファ最大種であり、かつとても艶々ボディで滅茶苦茶かっこいいんですよ。
何れは飼育する予定でしたんで念願かないました。
当然成虫ペアは手が出ないのでニョロペアの購入ですけどね。

スペック紹介
ゴロファ ポルテリ別血統ペア
7~8月孵化です。
これしか書いてなかったんですが販売証明書の写真を見ると産地はベネズエラのようですね。

それでは♂がこちら。
ゴロファポルテリ♂
23.8gですね。大きいんだか小さいんだかわかりません。
大きくはないような気はしますがポルテリは幼虫期間が1年半以上あるのでまだまだ折り返しくらいなんできっとまだ伸びるんじゃないかな。
特徴としては毛深いニョロですね。結構違和感バリバリのニョロでした。
そして♀。
ゴロファポルテリ♀
15gと小さいですね。まあ、♀ですがゴロファはヘラクレスのように差が出ないんでちょっと小さ目かな。

大型の♂は100ミリを超えるんでぜひ拝みたいですがこれからの伸びに期待するしかないですかね。
高温に弱いんで夏場の管理を気を付けないといけませんね。低温種というほどではないので25度を越えなければ問題なさそうです。
念願のゴロファ最大種が手に入りテンションアゲアゲですが私の財布の中身はサゲサゲです。(笑)
とにかく後1年くらいかかりそうですがしっかりでかいの狙いますよ。(^^)/

スポンサーサイト
2017-04-24(Mon)

ヒペリオン生存確認&体重測定

プレ見発送品
ジャガイモチャレンジコース 芽が出てきました(*^▽^*)
----------------------------------------------------
虫ネタの前に今日はあるものが着弾しました。
こいつです。
フィリプス髭剃り
そうです、髭剃りです。
実は私は、めちゃくちゃ髭が硬くて安いシェーバーだとすぐにダメになってしまうので今まではブラウンのシェーバーを使ってたんですが知り合いの家電量販店の店員にフィリップスのシェーバーを進められ通販にて購入し今日届きました。
なぜ量販店で買わないのかって?まあ、単純に安いからですけど。(;´・ω・)
こいつは、フィリップスの9000シリーズなんですがネットで約半額だったので飛びつきました。
実際剃ってみるとめちゃくちゃ静かでそれてないようですが家族に確認してもらうと前のよりきれいに剃れるとのこと。
フィリップスは、日本ではそれほどでもないですが世界では結構知名度高いんでやっぱりい製品のようで良かったです。
普段はめんどくさくて髭ぼうぼうで会社に行ってマスクで隠してることもあるんでこれからは堂々と素顔を晒せます。(笑)

さて虫ネタですがヒペリオンが放置気味でしたので瓶交換しました。
ヒペリオンは、5ニョロいたんですが発育不全の2ニョロが消えてしまい3ニョロ残ってたんですが3ニョロだとかなりやばい状態でした。
そして小型タッパーに菌糸を再生させたので飼育してたんですが大分食いあがったので交換です。
そして割り出すとこんな感じでした。
まずはこいつ。
ヒペリオン♀
♀のニョロで8.8gでした。
卵管が見えたんでほぼ♀だと思うんですがどうですかね。(間違ってたら洒落になりません)
次はこいつ。
ヒペリオン♂小
♂のニョロで16.8gと前のニョロの倍ありました。
頭幅も大きかったのでほぼ♂だと思いますね。ってことはこの時点でペアになったことになります。(((o(*゚▽゚*)o)))
最後はこいつ。
ヒペリオン♂大
♂の21.6gです。こいつは大きさ的にもほぼ♂で間違いなさそうです。
逆にこれで♀なら60ミリくらいになりそうですよ。(笑)

おお、いい感じで体重乗ってくれました。
ヒペリオンは大型でも70前後なんでこの体重なら結構でかいの期待できそうです。
ちなみに親は♂が70ミリだったらしいので70ミリは超えたいですがヒペリオンで70オーバー簡単には出なそうですけどね。

ちなみに親データです。
★学名 ; Dorcus hyperion
★産地:インド・ナガランド州・ナガヒルズ
★累代:CBF3
★親サイズ:♂70 ♀40mm

このデータを信じるならかなりの大型血統になりそうです。
順調に行けば、♂×2、♀×1でペアにはなるのでこれ以上落ちないように飼育せねば。
ヒペリオンは成熟に時間がかかるらしいのでブリは早くても来年ですかね。
現在孵化後5か月くらいなんであと半年くらいはニョロってますかね。
ちなみに一番大きなニョロのみ大夢菌糸瓶へ投入し、そのたはマットに変更です。
ホントは全部マットに変えようかと思いましたが思いのほかでかくなってたんで菌糸瓶買っちゃいました。
不全を避けるため最終瓶はマットに替える予定なんで後3か月じゃくでどこまで体重伸ばせるか勝負ですかね。
3ニョロになり不安いっぱいでしたがなんとかペアになる可能性が高くなったんでテンションアップです。(^^)/
2017-04-23(Sun)

インカ帝国からの着弾( ´∀` )

プレ見発送品
ジャガイモチャレンジコース 芽が出てきました(*^▽^*)
----------------------------------------------------
ここのところの暑さで虫小屋の昼間の温度がやばいことになってるんで困ってます。
この間は4月なのに我が群馬で30度越えしてました。(;´・ω・)
虫小屋も昼間は結構温度が上がってしまうのでエアコンの設定が難しいんですよね。
低温種がいなければ別に問題ないんですがミヤマやネプチューンがいるんでなるべく25度以上にはしたくないんですよね。
しょうがないので今日から25度の自動温度設定にエアコンを変更しました。
ただ吹き出し口付近は逆に冷えるんでその辺の虫を置く場所も変更しないとダメそうですね。
今の季節昼間は暑くても夜はそこそこ冷えるんで余計難しいですね。

さあ虫ネタです。
昨日隠し玉をにおわせてましたが実際隠し玉ありました。
実は昨日2つ荷物が届いていました。
今回は南米系の虫ですがタイトルでピンと来る方も多少はいますかね。
着弾したのはインカツノコガネのニョロでした。
インカツノコガネ
スペック紹介

インカツノコガネ幼虫5頭
産地 エクアドル エスメラルダス
累代 F2
孵化日3月下旬~4月上旬

産地がエクアドルですがインカって確かペルーの方だった気がするんですがどうなんだろ?
エクアドルもペルーの近くなんでいいんですかね。
ところでインカツノコガネ前からずっと狙ってたんですが成虫はライバルが多くて落札できずニョロは3ニョロ出品ばかりで二の足踏んでましたがやっと5ニョロセットがお安く出てたんで飛びつきました。
しかも1頭オマケしてもらったようで6ニョロになり結構安心気味の数でラッキーでした。
ブンブン知らない方は全くわからないかもしれないですが結構変わったブンブンではないかな。
派手さはないですが結構きれいなんですよね。
そういえば南米のブンブンて初かもしれないですがブリとはアフリカンと同じでいいんですかね。
ブンブンも住む地域によってブリ方法が違うんで難しいところがありますね。
とりあえずは順調に育ってくれることを祈るばかりです。(^^)/

PS 今日かなり放置気味だったキリクネリウス・グアンクシイの瓶を確認すると8ニョロ中1ニョロ蛹、2ニョロ前蛹でした。
は・早いですね。半年たたずに蛹化とは。
しかも最大のニョロが9グラムってどんだけ小さいんだと焦りました。
まあ、成虫見たことないんで何とも言えないですが羽化ずれしそうなんですがこいつの寿命わかりませんね。(;´・ω・)
2017-04-22(Sat)

レアゴロファ着弾

プレ見発送品
ジャガイモチャレンジコース 芽が出てきました(*^▽^*)
----------------------------------------------------
本日は前々から書いていた通りあるカブトが着弾予定です。
このカブトについては数か月前にオクで見つけて迷っていた種になります。
今までは3ニョロセットだったんで私ではほぼペアになりそうもなかったのでスルーしてました。
しかし今回は5ニョロセットということもあり落札した次第です。
さあ実際着弾したのがこちらになります。
ゴロファビフィドゥスニョロ
写真では4ニョロですが5ニョロいます。
これは、2016年初日本初入荷したゴロファ・ビフィドゥスのニョロちゃんでございます。
それとおまけでプロゼリー貰っちゃいました。(((o(*゚▽゚*)o)))

スペックはこんな感じです。

[学名] Golofa bifidus
[親サイズ] ♂♀共にfree
[累代] F1(WF1)
[孵化日] 3月下旬
[産地] Peru Huancayo Junin

さすがに去年初来日なんでWF1ですよね。
血も濃くないししばらくはブリ楽しめそうですね。
それにしても名前が言いずらいですね。某胃腸薬に入っている乳酸菌の名前っぽいですね。(笑)
去年あたりからハマっているゴロファですがこれで7種類目となりますね。

あげるとこんな感じです。
1.クラビゲール    ♂しか産まれず終了。
2.ミヌトゥス      2代目がニョロ中。
3.テルサンデール  ♂ばかりで唯一の♀が落ちて終了。
4.SP          ペアリング中。
5.ピサロ        そろそろ蛹化の予感。(ペアニョロ)
6.グロブリコルニス  リベンジでニョロ飼育中ですよ。
7.ビフィドゥス     今回お仲間になりました。

今持ってなくて一番欲しいのがポルテリですが高くて手が出ません。(;´・ω・)
それにしてもゴロファはまともにブリまで行けない確率高くて困ったちゃんです。
ゴロファはコカブですが今回は気合の900cc瓶にて飼育しますよ。
念のため無添加マット使いますが3令になったら添加マットとブレンドして少しでも大きくしてみたいです。(^^)/

PS うーん、私のことですからまだ隠し玉があるような気がしてなりません。(笑)
明日の記事をお楽しみに。(^^)/

2017-04-21(Fri)

ブンブン羽化祭り開始

プレ見発送品
ジャガイモチャレンジコース 種イモ植え付け完了
----------------------------------------------------
本日は仕事終わりに明日到着予定のものの入れ物が汚いのでボトル洗浄してました。
5本程度ですが結構めんどくさいですね。
そしてついでにいろいろ見ているとブンブン系が結構羽化してました。
まずは、ケアシツノカナブンです。
大分前に繭玉作ってましたが一向に羽化せずやきもきしてましたが先日やっと羽化しました。
ケアシツノカナブン♂
こいつはてにボンボンがあるので♂ですね。
そして4ニョロいたんですが次は・・・・・終了でした。なんと繭玉で2ニョロ落ちて、もう1ニョロは繭玉から抜け出して人口蛹室に入れてましたがダメでした。ってことでケアシツノカナブンは終了です。
こいつのニョロを落札後にしばらく出品してたんですが以降全くオクで見かけないので補強は無理そうです。
どうも繭玉の管理が難しいんですよね。(;´・ω・)

次はこいつです。
トルコ宝石
めちゃくちゃきれいなボデイですがこいつはスペキオーサ・ジュッセリーニといいまして通称トルコホウセキカナブンて言います。
名前の通り翅がエメラルドグリーンで頭がルビーのような赤です。
サイズは日本のカナブンと同じくらいですが色合いはこっちが綺麗ですかね。
落札時8ニョロセットをおまけで1ニョロついてきて9ニョロ飼育してましたが先日先行の4ニョロが繭玉作ってたので別に管理してました。そして先ほど確認したところ1頭が自力ハッチでマット内にいましてもう一個の繭玉が振ってみると音がしないので割ってみると蛹で落ちてました。(;´・ω・)
そして2個目の繭玉は割ってみるともう一頭にたようなのがこんにちはしてました。
そして4つ目の繭玉・・・・・割ってみたら落ちてました。
繭玉4つの内2つがダメでしたが2つは完品羽化でしたね。
残りが5ニョロいますが確認してないのでおそらく繭玉中かと思うんで自力ハッチを待ちますかね。
それにしてもこのスペキオーサ雌雄の区別がつきません。詳しく調べればわかるかもしれないですけどね。
先のケアシは明確な違いがありますがこいつにはないです。
確かに日本のブンブンもいまいち雌雄判別難しかったような気がするんですよね。
こいつは羽化した個体は大きめのケースで多頭飼いするしかないかと思いますね。
そうすれば自然に雌雄がいれば産んでくれると思います。
ケアシは残念でしたがスペキオーサは次世代採りたいです。(^^)/

2017-04-20(Thu)

100均便利アイテム発見&プラティオドンセット

プレ見発送品
ジャガイモチャレンジコース 種イモ植え付け完了
----------------------------------------------------
今日は週末あるものが着弾するんで入れ物確保のため100均へ。
近所では一番大きなダイソーに行ってみるとある入れ物を発見しました。
ちょうど5リットルメガフードコンテナがほしかったので探していると似たような入れ物を発見しました。
大きさもほぼ同じですが微妙に違います。
まずは、蓋の材質が硬いです。さらに内側に扉がありますね。
そして気に入ったのが透明度が高いんですよ、これが。
タッパーだと半透明で中が見ずらいですがこっちはタッパーよりは透明度が高いんで中が見やすいです。
ってことはこいつでセットすればマットに産んだ卵を外から確認できますよね。
大きさ的にコカブやブンブン、小型や中型のクワガタのセットに使えそうです。
マットは満タンで5リットルくらい入りますがセットするなら2/3くらいなんで3リットル前後マットを入れる感じですかね。
大きすぎず小さすぎずいい感じなんじゃないでしょうか。
で、早速プラティオドンネブトをこの入れ物でセットしてみました。
プラティオドンネブトセット
中の扉があるのでタッパーよりは密閉度が低いので空気穴空けなくても大丈夫かと思うんですがどうですかね。
餌の出し入れは中の扉でできるので便利かなと。
ちょっと写真があれですがタッパーよりはだいぶ透明ですよ。
こいつは使えそうなんで後で2、3個追加で買ってこようと思いますが在庫がこれしかなかった上名前がわからないんで探すときどうしたもんかですね。
この大きさで100円なんでめちゃお買い得なような気がします。(^^)/

PS 先にちょっと書きましたがまたもやポチリまして週末着弾します。
ちなみにこの入れ物には入れずもっと小さい入れ物に入るようなもんですので着弾したら記事にしますね。
今回はなかなか変わり種な上初飼育種なんで楽しみが倍増です。(^^)/
2017-04-19(Wed)

ゴロファSP羽化&セット開始

プレ見発送品
ジャガイモチャレンジコース 種イモ植え付け完了
----------------------------------------------------
本日去年のKUWATA大宮でゲットしたゴロファSPの最後の生き残りの蛹を確認すと見えなかったので割り出すと羽化してました。
ゴロファSP♀
どうやら♀のようです。
ゴロファは最近やっと♂しか産まれない呪いから解放されテルサンデールに続きゴロファSPも♀が羽化です。
うーん、しかしながら4ニョロいたのが最終的にこの♀1頭のみとは・・・。(;´・ω・)
完品羽化はうれしいですが♀だけではブリできないしどうしたもんかですね。
しかもこいつ小さいです。
前に買った別のゴロファSPの♀の2/3くらいしかないような気がします。
もしセット中の別血統♂が生きていればこいつとブリさせたいですが間に合うかどうか微妙ですね。

そしてゴロファSP成虫ペアの方ですが羽化後2カ月以上たってるしなんとなくゼリー食べてたようなんでペアリングしてましたが先日セットしました。
ゴロファspセット
こちらは大型血統という肩書で購入したペアですが確かに上の個体より一回りでかいです。
こいつがうまいこと産んでくれれば文句ないんですが期待してるとあららってなるんで期待半分で行きますね。
成熟が不安なんで一度週末に割り出して様子を見ますかね。
いつ落ちるかわからないんでミスは許されませんから慎重にブリしないといけないですね。
最高の流れは、このペアで次世代採ってさらに上の♀とこの♂で別血統として少しでも採れれば最高ですがそう簡単に行くかどうか。
産みさえすれば爆産すること多いので♀には頑張ってもらいますね。(^^)/
2017-04-17(Mon)

プラティオドンネブトペアリング開始

プレ見発送品
ジャガイモチャレンジコース 種イモ植え付け完了
----------------------------------------------------
昨日なんですが近所の知り合いの家の庭にタラの芽がいっぱいなっているんですが要らないから取っていいよというので遠慮なく貰ってきました。
たらの芽
スーパーの袋に山盛りいっぱい採れました。(((o(*゚▽゚*)o)))
タラの芽は天ぷらにするとうまいし、今の時期しか食べられないので毎年貰ってるんですよね。
スーパーでこれだけ買ったらえらい金額取られますがタダでもらえてラッキーかな。
春の野草では、後はふきのとうがありますがあれは苦くて嫌いなんですよね。あれなら裏庭にいっぱい生えますが私は食べませんね。嫁が採ってきてたまに食べてるようですけどね。
早速てんぷらにして食べましたが多すぎるので残りは炒めて食べました。
やっぱり季節の食べ物は栄養もあるし体にもよさそうなんでいいですね。
それとどうも今年家を建てるらしくタラの芽の木を切るらしいので勿体ないので我が家の裏庭に植えることにしました。
この木は棘があっていたいですが裏には人も来ないので大丈夫かな。
これで来年は我が家の庭でタラの芽採れそうです。(^^)/

さて虫ネタです。
先日いつも死んだふりしているプラティオドンネブトの♀がミズゴケの上を一生懸命散歩していたのでもう大丈夫かと勝手に判断しペアリングを始めました。
どうもネブトは成熟のタイミングがよくわかりませんがバリバリエサ食べてるし動いてるんで大丈夫かと思うんですがね。
プラティオドンネブトペアリング
とりあえず小ケースで1週間ほど同居させて、乾燥に弱いネブトなんで乾燥しにくい大型5リットルタッパーでセット組む予定です。
小型種の場合余り大きなケースだと雌雄が出会えないで無精卵とかあるみたいなんでこのサイズで行きます。
マットはかなり発酵の進んだマットがいいみたいですが何を使うか迷いますね。
ネブトはクーランネブトに続いて2回目ですがクーランは全く産みませんでした。(ペアは未だに元気ですがね)
クーランはWDなんで産まないんだろうと思うんですが今回のプラティオドンはCBでかつ雌雄別血統なんでうまいこと産んでもらいたいです。(^^)/
2017-04-16(Sun)

ヘラヘラマット交換など

プレ見発送品
ジャガイモチャレンジコース 種イモ植え付け完了
----------------------------------------------------
今日は、マジ暑かったですよね。ってか関東ではの話ですがなんと午後3時に温度計が29度になってました。(;´・ω・)
これでは、虫小屋冷房入れないといけないかと焦りました。
それはそれとして、その暑い中車のタイヤ交換してました。今回は、自分と嫁と母の車3台一気に変更です。
私と母のは、軽自動車なんでいいんですが嫁のはワンボックスなんでめちゃ重くて疲労度2倍です。
結局1時間半かかり終了しましたがはっきり言ってめちゃ疲れました。
まあ、付け替えてもらう分を手間賃としてもらったんでいいんですけどね。

で虫ネタです。
今日は前々からやる予定だったヘラヘラのマット交換やっとできました。
前日ヘラヘラ用に購入したDOSのプロ仕様カブトマット60リットルが到着して本日交換となりました。
春のせいかわかりませんが特に発酵臭はなかったのでガス抜きなしでそのままいきました。
結果はこんな感じです。
ヘラヘラニョロ
写真では分かりずらいですが明らかにデカいのが3ニョロいましてほぼ♂ですね。後は、発育の悪いのがなんニョロかいましてこいつはやばいような気もします。
元々プリしたときは30ニョロ近くいたんですが12ニョロ突然☆で、さらに今回も5ニョロ☆ってまして写真の8ニョロプラス前日交換分の2ニョロで10ニョロ生存です。
いやあ、今回のヘラヘラかなり落ちちゃいました。初2令での低温管理がいけなかったのかもしれないですがはっきりした理由はわかりません。
今回は重さは特に測りませんでした。見た目白かったのでまだまだ伸びしろありそうなんでここから一気に行ってもらいたいです。
ヘラヘラのニョロって拒食あるんで気が抜けませんね。
前回はいろいろマットを使ってましたが今回は先のマットに統一しました。
次の交換でどれくらい体重が乗るかで次回以降このマット使うか決めますかね。
それと今回は、♂判別したニョロは2リットルタッパーから5リットルタッパーへ変更しました。
ダイソーの5リットルタッパーなら3令後期まで行けそうなんで採用しました。タッパーだと乾燥しずらいのも魅力ですよね。
うーん、残り10ニョロなんでもう落ちないでもらいたいもんですがおそらく後1年くらいだと思うんでがんばってでかいの出したいですね。(^^)/

PS ヘラヘラついでに、パスコアリもマット交換しましたが特に大きくも小さくもなっていなくいまいちでした。
まあ、パスコアリはそれほどデカくなる亜種じゃないですが♂ニョロは100gぐらいにはなってもらいたいですね。
こっちは、若干黄色いニョロだったんで3令中期くらいなようなので早ければ年内羽化あるかも。(^^)/

2017-04-14(Fri)

カブクワ飼育便利道具試作&ロンギ第1号羽化

プレ見発送品
ジャガイモチャレンジコース 種イモ植え付け完了
----------------------------------------------------
今日会社である虫飼育道具を試作しました。
これなんですがわかりますかね。
人工蛹室型
1.鉄砲玉
2.座薬
3.エッチな道具
さあどれでしょう?・・・・・・ってかどれも違いました。(爆)
正解は国産カブトの人口蛹室用の型でした。(((o(*゚▽゚*)o)))
正確には縦型の蛹室を作る国産カブトやヒメカブト、サビイロカブトなどの蛹室を簡単にきれいに作るための道具ですね。
使い方は基本は、オアシスにこれでくぼみを作るだけです。
人工蛹室
深さは蛹の大きさに合わせて調節します。今回は試作なんでグリップも適当で目盛りもないですが実際使うときはつけようかと。

試作品寸法概略
径30ミリで長さは100ミリくらいです。材質はステンレス系の鋼材を使用しました。

最終的には、蛹室も♂♀や大きさで変わるのでグリップにネジを切って先端を付け替えて大きさを変えられるようにしようかと。
小型用に径25ミリ、大型用に径40ミリくらいの3種類くらいあればほぼ対応可能かと思うんですけどね。
多少は振れば大きさを調整できますけどね。
スプーンで削ればいい話ですがこれだと一発で思い通りのサイズになるんで見た目綺麗かな。
深さも簡単に変更できるしあっても損はないかと。
後、オアシスがなくても加水したマットをちょい固めに詰めてこの型で押せば簡易人口蛹室できますよ。

実は横型蛹室の型も作る予定ですが金属で行くか木材で作るか迷ってます。
金属だと3Dデータから作らないといけないので大変だし、マシニングセンターを貸してもらえるか微妙なんですよね。
かつ、金属だと重いんでそれもネックです。
木材だと加工が手加工になるので時間がかかり大変なんですよね。
オアシスに押すだけで人口蛹室できるんで暇があれば横型も作ってみますかね。(^^)/

さて虫ネタです。
去年春にブリして爆産したロンギチョンですが方々に飛ばして気づいたら結構数が減ってました。
まあ、累代する分には十分な数だと思いますがありえないくらい偏るとピンチかも。(;´・ω・)
そして旅立った子たちは続々蛹化しているようですが我が家は若干遅れ気味でした。(低温気味のため)
でも最初の1ニョロが羽化してました。
ロンギ
うーん、見事なコツノですな。(;´・ω・)
これぞロンギチョンペルス(コツノ)カブトといったところでしょうか。
親は見事なロングホーンだったんで飼育ミスったかな。まあ、無事ならいいんですけどね。
こいつは未後食で潜ったままです。他もちらほら蛹化してるんで夏ぐらいにはブリできますかね。(^^)/
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

クワカブマイスター

Author:クワカブマイスター
群馬県在住
家族構成 妻、娘、息子、母と暮らしています。

大型血統、極太血統を中心にカブトムシも飼育中です。
冬場は、スノボも趣味としています。
じつは、趣味として家庭菜園もやってます。

クワ友募集中です。(クワカブ大好きの人)
相互リンクも同時募集中です。気軽にお声がけください。

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

禁断の扉♡
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク