2017-01-31(Tue)

国カブ冬羽化計画ピーンチ(;´・ω・)

何気に去年から続けていた国カブ冬羽化計画ですが黄色信号がともりました。
去年温度管理してたらちょうど4月にペアが産まれたんで速攻ペアリングし4月にニョロをゲットしていたのをなんとか冬の間に羽化させようというプロジェクトを進めていました。
時期が悪かったのか5ニョロした採れず、内2頭はどこえやらで現在3ニョロいます。
健在のニョロはこんな感じです。
国カブト
いい感じに色づいていつでも蛹化しておかしくないのですがなかなか蛹化しません。
実は、このニョロ自体の存在を忘れていて20度帯で飼育していたので蛹化スイッチが入らなかったようです。
ニョロ期間は、9カ月過ぎてるんで普通なら蛹化時期なんですよね。
そして去年暮れに25度帯に移動して様子を見ていましたが今朝の段階で蛹化してないです。
ということは、2月中に成虫にするにはあと1週間くらいで蛹化しないと間に合いません。(;´・ω・)
どう考えても無理なような気がしますがなんとか奇跡的に蛹化してもらいたいです。
雌雄判別して、♂1、♀2だと思うんで累代はできると思うんですが2月羽化なかなか難しいです。
3月ならなんとか達成できそうですが、3月は暦の上では春なんですよね。私的に3月は冬ってことになりませんかね。ってなりませんね。(;´・ω・)

まあ、今年ダメでもペアが揃えば来年達成できるかもしれないのでダメでも累代は続けます。
やっぱり、加温タイミング間違えたよなあ。せめて11月中には25度以上で飼育すべきでしたね。
あとは、来年やるなら高添加マットで一気に成長させるのも蛹化を早められそうなんでその辺も実験したいですね。
まあ、こんなアホなことやるのは私ぐらいかもしれないですが意外と面白いんでやってみてはいかがですか。(^^)/
スポンサーサイト
2017-01-30(Mon)

メタリ♂やっと蛹化がしかし・・・。

去年うしくんさんよりいただいた20ニョロですが♂判定したニョロをカワラ瓶に入れていたんですが劣化が激しかったので今朝引っ越し作業しました。
そして、カワラ菌糸瓶を交換しようと割り出すといきなり1ニョロ☆っていて焦りました。
おそらくこれは、1ニョロだけ何をやっても潜らないのがいたのでそれだと思います。
そして気を取り直し1瓶づつ割り出すと最初にめちゃ小さいニョロがこんにちはしてました。♂だと思ったら早くも判定ミスってますね。(;´・ω・)
そして次の瓶は・・・おおでかいニョロがお出ましです。さっきのニョロの倍はありそうで期待が持てますね。
そして3本目を割り出したとき事件が発生・・・ゴロンと蛹がこんにちはしてますよ。
しかも蛹化直後らしく顎の部分が透けて見えるんですが・・・。
しかも菌糸が硬いので瓶をバンバン叩いてるしやばいでしょマジで。(;´・ω・)
急いでオアシスで人口蛹室を作り入れてみたら顎がやばい方に行ってますよ。
これは、手で直したら治りました。って手で治るんかーーーい。(爆)
まあ、高速うねうね実施中なんで無事そうですがこんなので無事羽化するんだろうか不安しかないです。
ちなみにこんな感じです。
メタリ蛹
写真で見ても顎が透けてますよね。メタリってこんなのかなって一瞬思いますが単に蛹化直後だからですよね、きっと。
しかし、顎がお尻の先まで伸びてるんでそこそこなんですかね。今まで、メタリ♂はハサミムシサイズしか羽化したことないのでこれは我が家では特大サイズです。(笑)
いっぱい衝撃&触っちゃいましたがなんとか無事羽化してちょうだいからの無事羽化祈願!

今回は、いただいた段階で3令だったのであまりいろいろできませんでしたが羽化ズレ&大型化の一環としてカワラ菌糸瓶に入れたのは正解でした。うまいこと蛹化したし、少なくとも羽化ズレ防止にはなったかな。
ちなみに残りは、蛹室らしきのが見えたのでここで中断しました。
♀も半分くらい蛹化してるので、羽化時期はばっちりですので完品羽化さえすればブリはできそうです。
メタリは、ニョロから羽化させた成虫でのブリは初なんでなんとかブリまでもっていきたいですね。(^^)/

2017-01-29(Sun)

ブータンアンテ割り出し&ついでにイリガーもね(*^▽^*)

先週末ですが我慢の限界を超えたブータンアンテの割り出しをしていました。
ケースから卵が見えず約1カ月もう我慢の限界です。
ブリしたペアは、結構な大型で♂83.3ミリ、♀48ミリと大型ペアでさらに、兄妹は88ミリ出ている大型血統なんで期待大でした。
早速結果です。
ブータンアンテニョロ
結果は・・・・・4タマ+1ニョロと惨敗でした。(;´・ω・)
期待のセットでマットを衣装ケースに空けた瞬間何も見えないときのショックときたら洒落になりません。
しかも我が家では、1カ月もセットを放置なんてまずないので気合が入ってましたのでショックも大きかったです。
最終的には、隅々まで捜して4タマ確保し、待望のニョロも確認でき種あり決定で満足と行きたいですが多産のアンテでこれでは納得できません。
羽化時期的に、♂の成熟が心配でしたがニョロがいたので問題なさそうです。
なあ、アンテはドルクスなんで何回もセット組めるんでこれからでしょう。ってか早速2回目のセットへGOしてもらいました。
何気に、クワガタスランプ継続中でブリも全体的にしょぼい結果ですね。
何気に、アンテは初ニョロゲットなんで実は結構うれしかったりします。前回は20個回収して全滅くらってるし、その前はボウズラッシュで撃沈とアンテ自体苦手だったんですよね。
今朝確認したらさらに2玉孵化して3ニョロ+1玉で1つ消滅でした。
次回こそは、最低2桁行ってもらいたいですね。

PS 何気に4回目のセット中のイリガーセットを割り出すと10玉ゲッツ。(;´・ω・)
しかもペアいまだに生きてます。どこかでイリガー短命とか書いてあったんですがうそでしょマジで。(;´・ω・)
♀は☆りそうに見えて産みまくるんでおそらく死んだふりが得意なんですかね。
そしてもうセット終わりと思っているあなた・・・・・はずれです。(爆)
当然5回目のセットに突入しましたよ。(^^)/
羽化率が今一で、初令で落ちるのがちょっといるんで7割くらいしかニョロ確保してませんがね。(^^)/
2017-01-28(Sat)

虫友さんからうれしい着弾(*^▽^*)

今日は、嫁が東京で安室奈美恵のコンサートに行ってしまい一人で子供の世話をしていました。
今日は、ぽかぽか陽気で日中15度まで上がって車の中は軽く汗をかくくらい暖かかったです。
本当に1月なのかと思っちゃいましたよ。

話は変わりますが、本日は、うれしい着弾がありました。
去年暮れに、イリガーをセットして2回撃沈であきらめかけていた時にある方のブログでイリガー爆産の記事を見つけました。
コメントでわが家が撃沈したことを書いていたらヘルプして頂けるコメントがあり、図々しくも私信したところヘルプしてくださるとのことでした。
そのお方とは、かっつさんです。
プレでもお世話になっていますし、一度スリナムとロンギチョンを交換したこともあります。
そして、今日着弾となりました。
こちらになります。
かっつさん着弾
タッパーが4つとすごいことになってます。
内容ですが、イリガー以外にもいただいちゃいました。
まずはこちら。
イリガーサイカブトニョロ
イリガーサイカブトニョロですが、タッパー2つに5ニョロずつの計10ニョロもいただいちゃいました。
実は、3回目のセットでニョロが採れたんですがこちらは累代が進んでいるので血の入れ替えとして2ライン体制で行きますかね。

次はこれ。
ニジイロホワイトアイ
ニジイロホワイトアイのレッドボディ6ニョロです。
こちらは、かっつさんの血統らしくブラックボディも出ているらしいので羽化が楽しみです。

最後はこちら。
テルシテスニョロ
テルシテスヒメゾウカブト 5ニョロです。今まで2回連続全滅くらいっているわが家の最高鬼門種ですが今回こそは羽化させたいです。そのため、有名どころの無添加マット用意し入れ物も900ccの瓶に個別管理にしました。

事前にニジイロを頂けるとのことだったので午前中チャームで菌糸ブロックを買いました。
その後、16時から18時予定だったんですが追跡するとわが市の基幹郵便局に1時に到着していたので電話で連絡し取りに行きました。なるべく早く受け取りたいですので局留めが一番ですね。基幹郵便局だとさらに早いです。
そして、2時過ぎに荷物を受け取りましたが子供がお腹が空いたとのことでしたので確認は後にして虫小屋に箱をいれ外食に。
今日は、嫁がいないんでしょうがないですね。
そして帰ってからニョロ確認しすべて無事でした。ニジイロは6ニョロだったので急いで菌糸瓶を詰めました。
1ブロックしか買ってなかったので800cc4本、500cc1本、250cc1本でぎりぎり入りました。(;´・ω・)
ニジイロはやっぱり菌糸瓶が合いますから3令後期までは暴れは心配ですが菌糸瓶飼育です。

それにしてもかなりの数(合計21ニョロ)もいただいてしまいなんとお礼を言ってよいかわかりません。
初飼育種にリベンジ種と幅広くいただいちゃいました。
しかも送料まで持っていただきありがとうございました。m(_ _"m)
次回は、私がかっつさんの気に入ったカブクワをブリしてお送りしますのでしばしお待ちください。
ここ2日続けて虫友さんの暖かい支援を頂き感謝してもしきれません。
私も困った方がいればできる限りヘルプいたしますので遠慮せずにコメで構わないのでおっしゃってください。m(_ _"m)

かっつさん、この度は貴重な個体を頂き感謝しております。
今後何かあれば遠慮なくおっしゃってくださいね。できる限りのことはさせていただきます。m(_ _"m)
2017-01-27(Fri)

男色?ノコ飼育開始(爆)

今朝スマホを確認すると1通のメールがありました。確認するとFC2のメールホームからです。
内容は、な・なんとわが家のヨツボシ嬢のお婿さんにどうですかとなんともありがたいお言葉が書かれておりました。
どうやらわが家が♀オンリーで撃沈したのでヘルプしてくれるそうです。
そのお優しい方は、yolk_headさんです。
何度か交流はありましたがまさかヘルプしてくれるとは。m(_ _"m)
そういえば、ヨツボシのことをブログにアップしてましたよね。
ここは、お言葉に甘えさせていただきました。ただし、北海道の方なので今の季節は搬送リスクが高すぎなので春まで待っていただくことに。
これでヨツボシもブリの可能性が出てきましたよ。後は、うまいこと活動開始時期があえば完璧ですね。
本当にお礼のしようもないですが何れこのお礼はさせていただきますよ。m(_ _"m)

話は変わりますがちょっと前に虫友さんのアーリーさんの記事であるクワガタの男色疑惑が記事にアップされていたんですが見ると私の好きな大型ノコじゃありませんかってんでぜひ男色確認をとほうぼう探してましたがついにわが家に降臨です。
そのクワガタとは、コンフキウスノコギリクワガタペアでございます。
スペック紹介
コンフキウスノコギリ
サイズ:♂85mmUp ♀FREE
産地:ベトナム・ダナン
累代:WF1 
羽化:2016/♂8~9月  ♀6~8月
って感じですがどうでしょうかね。♂は100ミリ超えるらしいのでこいつは大型じゃないですがまあまあかな。
初飼育ですので到着を楽しみにしていました。
そしてわが家に直段したのがこちらです。
コンフキウスペア
85ミリなんで大したことないかと思ったら結構でかいですよ。しかも、デジケースに入って送られてきました。
デジケースも買えばそこそこするんでラッキーでした。
今回は、ヤフオクではなく久々にホビー倶楽部で買いました。値段もほどほどでしたし何と言っても即ブリがいいじゃないですか。
半年待たなくていいのはでかいですよね。ただ、♂が若干羽化が遅いんでちょっとだけ様子を見てブリしますかね。
セット自体は、ノコセットでいいようですが産卵木を入れるかどうか迷いますね。迷ったら入れとけばいいんですけどね。
何気に昨年暮れからクワガタは超スランプで余りニョロ採れないんでこいつで起死回生を狙います。

そうそう、男色疑惑ですが今のところグレーゾーンということにしておきますかね。(爆)

ニョロが採れたら狙うは100ミリ越えでしょう。問題は、夏場の温度管理なんですよねえ。
低温管理しないと大きくならないそうですがどうしたもんかです。(^^)/
2017-01-26(Thu)

繭玉祭り開催中(#^.^#)

去年の暮れから我が家では繭玉種が続々繭玉を作ってます。
まずは、ウガンですがこちらはすでに繭玉を卒業して成虫にまりました。
次に、プラティオドンネブトですが、前に1ニョロ繭玉作成していたのですが残りの2頭も繭玉に。
ただし、最後の1ニョロは未だニョロってますけど。プラティオドンについては繭玉割り出しでウガンと同じ感じで廻りのマットを取っているとハプニングが・・・。
なんと繭玉に穴が開きニョロがこっちを見ています。何見てんだよって言ってました。(爆)
ってか繭玉作ってニョロってないよねえ。(;´・ω・)
それにしてもウガンは手で壊せないくらいの頑丈な繭玉作りますがネブトの繭玉弱すぎだろ。(;´・ω・)
ニョロがこんにちはしていた繭玉はマットに穴を下にして埋めときました。繭玉を余り乾燥させると良くないですからね。
お次は、ケアシツノカナブン4ニョロがすべて繭玉に。
ケアシツノカナブン
小型種なんで繭玉も小さいですね。ブンブンの繭玉第2弾がやっと発動です。
ケアシツノカナブンは、成虫見たことないのでこの繭玉もそっとマットに埋めときました。
通称ボンボンカナブン旨い事羽化してほしいもんです。

とまあ、こんなところですね。近々トルコホウセキカナブンも繭玉作りそうですね。
繭玉ってちょっと大きなチョコボールみたいで面白いです。
わが家にいる繭玉種は、ブンブン系とバラタスとネブトがいるんですが今のところすべて順調ですね。

それと思ったんですが繭玉種を飼育するとき首の細い瓶で飼育すると繭玉を取り出すのが大変なんで注意してくださいね。
まあ、採りださずに自力ハッチを待つのが一番のような気がしますがそんなの我慢できませんよね。(^^)/

PS ちょいネタですが、1玉のみ採れていたサバゲノコの玉が今朝孵化してました。
種あり確定ですが如何せん1個しか産んでないので話になりません。♀は健在なんで週末再セットです。(^^)/
2017-01-25(Wed)

わが家の飼育マット紹介&使用感

皆さんもマットについてはいろいろ試していると思いますが今現在我が家で使用中のマットの紹介と使用感をまとめてみました。

まずは、コカブ以外のカブト用ですがこれはDOSのプロ仕様カブトマットを使用しています。
理由として
1.値段が安い(60Lで1580円)
2.臭いが臭くない
3.発酵が結構進んでいるので使いやすい。
4.添加剤が従来比2倍らしい。(従来がどれくらいかわかりませんが・・・。)
何気に臭くないってのも重要でたまにありえないくらい臭いマットあってガス抜きに1週間とかかかることあるんで。
後は、発酵が進んでいればアンテやノコにも使えるんでいいですよね。
前は、rushレギュラーマット使ってましたが可もなく不可もなくでこっちに変えました。

次はコカブなどの無添加使用カブト用ですが、これはグローバルのビートルマットですね。
1.最近?工場直送で値段が下がった。(30Lで1500円税抜き)
2.そこそこ実績がある。(ブルマイでギネス出したりしてる)

その他のなんでも食べる国カブとかは無料でもらってきたマイタケマットを使用してます。

あと産卵専用としてチャームのXLカブトマット使ってます。
こいつは、過去にグラントとコーカサスで1回で70個以上産んだ実績あるんでいざってときのとっておきです。

クワガタについては、特にこれといったものはないです。

わが家は、飼育数が半端ないので値段がなるべく安く、かつそこそこ使えるマットを使用基準にしてますね。
さすがに年間500リットルぐらい使うんで高いのは手が出ません。(^^)/

PS そういえば、ちょうど1か月後にKUWATA大宮ありますね。
当然私も参戦予定ですが、これといって狙っているものはなくその場の気分で決めますかね。
クワカブイベントでは最大級なんで人も半端ないですね。
ちなみに、去年はこんなの買ってました。
1.ゴロファSP 4ニョロ(いまだにニョロ)
2.ユダイクスミヤマ ニョロペア(買ったときすでに25gあったんですが、いまだにニョロ)
3.テルシテス 4ニョロ(全滅)
4.ブラックニジイロペア (ペアリングするも惨敗)
ってか全然方向性が見えないのはご愛敬ってことで。(^^)/



2017-01-24(Tue)

ヨツボシヒナカブトまさかの全〇(;´・ω・)

いやあ、参りましたよ。
実は先週ヨツボシのマット交換をしたんですが最初に♀が完品羽化してまして、次に1頭前蛹でもう1頭が蛹で☆ってまして残りが蛹でした。
そのため途中でマット交換を中止して様子を見ていました。
そして1週間ほどたったので確認すると蛹が黒くなってます。☆ってました。
残り2頭なんとかお願いしたいと確認すると前蛹のニョロが蛹化?してましたがよく見るとマスクかぶってます。(;´・ω・)
ってことは蛹化不全です。生きてますがこの状態は経験上羽化しませんね。
で最後の1ニョロは・・・・・蛹でしかも生きてます・・・がしかし♀でした。
チーン、♀のみのため累代できません。(;´・ω・)
ちなみに☆った蛹も♀でした。ってことは4♀+覆面蛹ってことですが覆面蛹も大きさ的に♀なんで結果全♀ってことですね。
ってことは全♀で全滅なんちって。(爆)
なんて言ってる場合ではないですね。累代大ピンチってか終了なんですが…。
来月は、KUWATA大宮あるんでお金使いたくないしあきらめるしかないですかね。
それにしても、私は自他ともに認めるクワカブの♀に好かれる男として有名?ですが普通5♀とかめったにないと思いますよね。
しかし私は違います。去年はロンギで7連続♀羽化やってますし、オオクワは90以上いて70弱♀でした。
それに基本♀が必ず多いです。唯一ゴロファ属だけは♂に好かれます。ゴロファは7連続♂を達成していまだに♀を羽化させたことないです。
ゆえに去年は自力ブリでのセットはかなり限られてましてほとんど成虫ペアを購入してのブリがほとんどです。
何気にクワカブの♀に好かれるのってある意味困ります。まあ、余り♂に好かれるのも困りますが・・・。(;´・ω・)
どうせなら人間の♀に好かれたいですがこっちは全然ダメです。(爆)

ちなみに完品羽化した♀です。
四⭐️♀
なんか符節とんで☆ってるように見えますが写真がそう見えるだけで完品ですよ。(;´・ω・)

くう、どうもミズゴケセットのカブトとは相性悪いですね。グランディスコフキもダメだったしね。
一回くらいミズゴケセットのカブトのニョロ採ってみたかったなあ。
旨い事KUWATAでヨツボシ♂単とか安く売ってないかな。(超希望)
半年後の後食までに何とかしたいんですけどねえ。(^^)/
2017-01-23(Mon)

ロンギチョンペルスミツノカブト別血統セット&割り出し

去年暮れにロンギの♂が羽化してたんですがやっと後食始めたんで♀と同居させてました。
ロンギチョン
このペアは、兄妹なんですが♀が夏に羽化してるんで思いっきり羽化ずれしてました。
去年あちこちにばらまいたロンギとは別血統になります。
実は、このペアは佐賀県にあるドルクス佐賀ってところでペアニョロ購入したら雌雄判別難しいので2ペア送りますとサービスしてもらったニョロなんですよね。
その中の2♀は夏に羽化していて1頭は産卵管が飛び出ている羽化不全ですぐに☆になりました。
もう一頭は元気にエサをバリバリ食べてます。そして5か月後に♂が羽化という結果でした。
それにしても5か月ズレはやばいですよね。ロンギは長生きなんでなんとかペアになりましたけどね。
そして先週セット内同居させてました。別血統なんで血の入れ替えできると思ってセットしたんですがよく考えたら前のニョロは春に孵化してるんで羽化時期合いませんから血のいれ替え無理だなと。
ってことで、ロンギのニョロはやばいほどいるんでいらないので割り出しました。
結果は以下に。
ロンギ玉
さすが♀が熟女だけあり3玉しか産んでなかったです。なんかホッとしたような物足りないような気分でしたね。
おそらく今年の初夏くらいにはロンギ羽化祭りが始まりそうなんでこれでセット終わりかなと思いましたが何気に再セット。(;´・ω・)
なんか3玉が納得いかなくて。♀も熟女の割には食欲旺盛で動きも素早いんで産みそうな気がしないでもない。(笑)
去年のセットでも結構だらだら産んでたんでこのペアもそうかな。
とりあえず別血統は10個目標です。(^^)/

PS そういえば4ニョロいたはずですが羽化したのは3ニョロってことは残り1ニョロどこ行ったんだろ。
全く記憶にございません。(;´・ω・)

2017-01-22(Sun)

菌糸詰め詰め&我が家の謎の♂大量☆事件発生(;´・ω・)

今日は今週唯一の休みなんでクワカブ作業してました。
まずは、確認するとメタリ♂のカワラ菌糸瓶が大分劣化してたのとキヨタミの5ニョロが結構育っているのでカワラ菌糸瓶を詰めることにしました。
とりあえずチャームで大夢カワラブロック×2個を購入しました。大夢ブロックは通常より20%多いので2個で8500ccになります。
今の時期はセール価格なんで送料を考えると激安ブロック買うより安いです。
今回は、キヨタミ用800cc5本、メタリ用500cc4本+250cc5本を詰めました。
本当はキヨタミは♂は1400ccに入れたかったですが予算がないので800ccになっちゃいました。
メタリは♂が8ニョロいますが本当は全部500ccの予定がこちらも大きい順に500cc→250ccって感じですね。
2ブロック程度なんでさっさと終わりにして虫小屋で23度で管理してます。
カワラは若干オオヒラタケよりは再生が遅いんで10日くらいは待ちますかね。(再生次第ですけど)
ただ、メタリの瓶が大分劣化してるんであと10日持つかなあ。
ちなみにメタリは♀が5頭ほど蛹化してるんで早いこと♂が蛹化スイッチ入ってもらわないと困ります。

話は変わりますが去年の暮れから今年にかけて我がカブクワで謎な事件が相次いでいます。
それは、成虫♂の大量☆事件です。
まずは、暮れにウガンの♂が後食開始直後に突然☆。
次に、年明け早々落札したビコルニスの♂が到着3日で☆。
さらに好調なパチェコの♂も☆になりました。原因は全くの不明ですが幸いペアリング後(ウガン以外)だったので不幸中の幸いでしたし次世代も確保されているのでいいんですが原因がわからないと今後が不安ですよね。
本来は産卵させた♀が先に☆になるのが普通ですが上記の♀たちはすべて健在でいまだに産卵中です。(;´・ω・)
1カ月しないで3♂が☆とはなかなかの確率なんで偶然かもしれないですがちょっとねえ。
まあ、どうにもなりませんので状況を見守るしかないです。(^^)/
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

クワカブマイスター

Author:クワカブマイスター
群馬県在住
家族構成 妻、娘、息子、母と暮らしています。

大型血統、極太血統を中心にカブトムシも飼育中です。
冬場は、スノボも趣味としています。
じつは、趣味として家庭菜園もやってます。

クワ友募集中です。(クワカブ大好きの人)
相互リンクも同時募集中です。気軽にお声がけください。

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

禁断の扉♡
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク