2016-06-30(Thu)

ロンギチョン爆産の予感

実は、この前の日曜日にロンギチョンのセットを組んでいました。
ただ、無添加発酵マットを買ったところ中を開けると1次発酵しかしていないマットでした。
これでは、ロンギチョンには発酵度が足りません。
でも、せっかく買ったので一応セットを組んで新しくマットを注文しました。
そして、昨日マットが届きましたのでマットを交換するためセットを割り出しました。
セット後、3日しかたっておらずかつ発酵度が浅いマットなので産んでるわけないと思い適当に中身を出したところなにか白いものがありました。
あれ、もしかして産んでた?そして、マットを確認すると9個の卵が出てきました。
予想外に、結構産んでいました。
201606300607340ac.jpg
実は、写真を撮ったあとさらに2卵発見し合計11卵発見となりました。
小さな体のくせにめちゃくちゃ産みますね。これだけ、発酵度の低いマットに産むのなら発酵の進んだマットならどうなるんでしょうね。
ちょっと、怖い気もしますがせっかくなので再セットしました。
さらに、2♀体制のため近々次の♀もセット予定です。が、あまり産み過ぎの場合は2♀目はセットしないかもです。
わが家の婿さん(♂)は、角曲がりですが中々やってくれました。まあ、産んだのは♀ですけどね。
どうも、ミツノカブトは爆産するようですので取れすぎには注意が必要なようです。
♂がWF1で、かつ♀とは別血統のため、いい血の入れ替えにはなったと思います。
こうなれば、とことん取ってやりますよ。もしやばそうなら誰かもらってくださいね。(^^)/

スポンサーサイト
2016-06-28(Tue)

自作カワラ植菌材結果&実験セット

5月に作成した自作カワラ植菌材がそろそろいい感じになってきましたので確認しました。
自作カワラ材
どうでしょうか、カワラ菌糸が新聞の上まで来ているのがわかると思います。
心配していたカビもなくきれいに植菌してくれたようです。

おさらいすると、カワラ植菌材が高いため単に自分で作ったら安く上がるのではと簡単に考えて作成しました。
いろいろな方法がありましたがこの方法が一番簡単で安上がりだったので行いました。
詳しい作成方法は、過去記事を参照してくださいね。(カテゴリのその他の中にあります。)
まず、材は安いB品で十分ですね。私自身もB品を100円で購入しました。
カワラ菌糸ブロックですが、大夢Kを使用しました。(ここは肝心なのでケチりませんでした。)
心配したカビですが若干早期に若干カビが発生しましたが大丈夫でしたね。
カビを抑えるために、植物に使えるカビを抑えるスプレーを少しかけました。
後は、24、25度前後で管理していました。

12本作製するのに約2000円くらいですので、買うよりかなりお安くできました。
肝心の使用できるかですが実験として先日割り出したオオクワの♀をこの自作カワラ材でセットしてみました。
オオクワガタセット
これが、セット後3日目の状態です。
結構齧っていていい感じじゃないですか。産んでいるかはわかりませんがこれだけ齧っていれば産卵行動を誘発していると思っていいのではないでしょうか。
しかも、2本いれて2本とも齧ってますよ。大抵2本入れると片方しか反応しないのでがこれはいいんじゃないですかね。

問題は、あと10本どうしようかということです。
オオクワとヒラタはセットを組み終わったので使い道がないんですよね。(とりあえず、ニジイロにでも使いますかね。)
来年は、3月ぐらいに仕込んでオオクワ用に使おうと思います。
2016-06-27(Mon)

いろいろ♀羽化

本題の前に、昨日初採集に行ったのですがあまり取れなかったので場所を教えてもらった同僚に聞いてみました。
昨日全然クワカブ取れなかったよというと、予想していなかった答えが返ってきました。
ああ、あそこはコナラやクヌギの木にはクワカブいないんですよ。
???そうなの、じゃあどこにいるのと聞くと楡の木にいるとのことでした。
???楡の木ってなに?はっきり言って、楡の木なんて初めて聞きました。
皆さんは、知ってますよね。私は、採集素人のため知りませんでした。
楡の木の場所は、ばっちり聞いてきたので近いうちにリベンジしますよ。(^_-)-☆

本題ですが、我が家の♀たちが次々に羽化しています。(オオクワは除きます)
フローレスギラファ、アルキデスヒラタ、キリーノヒラタ、ニジイロクワガタ
と4種類が羽化してきました。フローレスギラファは3匹羽化しました。
ギラファ♀
これは、フローレスギラファの♀です。
当然、すべて露天掘りしまして無事を確認済みです。(笑)
ギラファについては、今回はまだニョロが結構いるのでセットは組まない予定です。
その他は、すべて♂がまだニョロってますので羽化待ちになりますね。
ヒラタ系、ニジイロは寿命が長いので累代に問題はなさそうですね。(^◇^)

それと、前に記事にしたタイワンシカの4カ月で蛹になった♂ですが本日確認すると羽化不全で☆になる寸前でした。
まあ、これはこれでどんなのが羽化するのか興味がありましたが上半身成虫で下半身蛹の状態でした。
不全成虫の写真はあえて撮りませんでした。
4カ月で蛹になった時点で、半分あきらめていたのであまりショックはないですね。
でも、気分的にはよろしくないので近々リベンジ予定です。ただし、タイワンシカではなく別のシカクワになる可能性は高いですけどね。(^^)/

2016-06-26(Sun)

今季初採集

本日、朝目覚めると久し振りに晴天だったので昆虫採集に行くことにしました。
ポイントは、家から20分ぐらいにある緑化センターに行くことにしました。
ここは、コナラとクヌギがメインでその他の木もたくさんありかなり広い敷地になります。
ここで取れるのは、80割方ノコギリであとは、カブトムシが少しいるくらいでヒラタやミヤマはいませんね。
去年、会社の同僚に教えてもらい行ったときは9月ということもあり取れませんでしたのでリベンジです。
昆虫採集
大体こんな感じのイメージのところがずっと続いている感じですね。
ただし、ノコがメインのため時期的にちょっと早いような気がするのですがどうでしょうか。
7月中旬になると、20から30匹くらいノコが取れるらしいですがそこまでは期待できませんね。
早速ついて周りを見渡すとどうもあまりクワカブの気配がしません。
やな予感がしますが早速採集を開始しました。
次々に、木を見ていきますがどうも樹液の出ている木がありません。全体的に若い木が多いのでそうなのかもしれないですね。
そして木を蹴飛ばしたりしながら探しましたが見つかりません。( ;∀;)
そして、ようやく一匹みつけました。
2016062606180378a.jpg
なんと、ノコではなくカブトムシの♀でした。赤ボディーの♀でしたよ。
こいつは、普通に木に張り付いていてすぐに見つかりましたね。
まあ、これでも今シーズンの初ゲットですので記念撮影でパシャリとしました。
でも、初ゲットがカブトムシの♀とはちょっと複雑ですね。
結局、これ一匹しか取れませんでした。( ;∀;)
まあ、時期が早かったのとポイントを聞いていたのを忘れてしまったのが原因ですね。
多分、トラップを仕掛けて朝回収すれば取れそうな気はするのですがめんどくさくてできません。
来月、また行ってみようと思いますので次回はリベンジしたいですね。
ちなみに、採った♀はリリースしました。(私は基本的にリリースしますね。)

あと、会社の同僚にミヤマスポット聞いたので近いうちに行ってみようと思います。(^^)/

2016-06-25(Sat)

ヨツボシモニターセット割り出し報告

先週、虫友のたかパパさんより、ヨツボシのモニターセットが送られていました。
一週間後に割り出してほしいとのことでしたので本日割り出しを行いました。
結果は、どうなったでしょうか。
ヨツボシヒナカブト割り出し1
まずは、セットの中身を出したところです。
この時点で、卵が1つ見えますね。でも、現段階ではこれしか見えません。
そして、隅々まで捜しまわった結果がこれになります。
ヨツボシヒナカブト割り出し2
写真では、3つしか卵が見えませんが実際は4卵でした。
すべて孵化してくれれば、なんとか累代できるかなと思いますので何とか無事孵化してほしいです。(孵化祈願)
卵には、乾燥防止のため加水したミズゴケを被せ、さらにティッシュを霧吹きしたものを被せました。
後は、孵化を待つばかりです。待つの嫌いなんですがこればかりはしょうがないですね。(^^)/

たかぱぱさん、モニターセットありがとうございました。
無事卵取れましたんで報告させてもらいますね。m(_ _"m)


2016-06-24(Fri)

うれしい誤算

本題の前に、最近健康のためブロッコリーの新芽を食べているのですがスーパーで買うと結構高いので自分で作ることにしました。
ちょうど、栽培キットが売っていたので購入し早速実践しました。
ブロッコリー芽
3日目の状態ですが、結構発芽しているようです。
後は、日の当たるところでもう少し成長させれば食べられますね。(^^)/
ブロッコリーの種自体は、安く手に入るのでしばらく栽培してみようと思います。

本題ですが、本日前にセットしていたオオクワの割り出しをしました。
これは、ぱくすさんより譲り受けた個体で、88ギネス同腹の♀をペアリングしてセットしたものにまります。
ただ、この♀がセット時に全然潜らない上に動きも鈍くてとても不安でした。
再ペアリングも考えましたが少し放置してみようと思い2週間ぐらい放置していました。
すると、菌糸ブロックを齧ったあとがあり一縷の望みで本日割り出しに踏み切りました。
最初の段階では、ほぼ無理だなと思っていたので期待しないでブロックをちょっと崩すといきなり卵が2つ出てきました。
予想に反して、卵が出てきたのですこしびっくりしましたがよく見ると何やら白いものが動いていました。
そうです、ニョロがこんにちはしていました。しかも、卵から孵ったばかりのほやほや幼虫でした。
思わず声が出そうになりましたが冷静になりよく見るともう1ニョロ確認できました。
こちらも、ド初令のため割り出しを中断しブロックを元に戻しました。
ほぼ、あきらめていたセットからニョロが出てきて種あり確認がとれ、しかも本命ラインと来たので久々に震えましたよ。(^^)/
とても、うれしい誤算に一日いい気分でしたよ。(^^)/
2016-06-23(Thu)

うれしい着弾

本日、虫友のかっつさんよりあるものが着弾しました。
スリナムミツノ幼虫
これは、前々から欲しかったスリナムミツノカブトの幼虫になります。
前に、かっつさんの記事でスリナムミツノカブトが爆産したとあったのでコメントにほしいと書いていたらなんと連絡があり送っていただけることになりました。(^^)/
そして、本日無事に幼虫が届きました。とても丁寧な梱包を空けてみるとなんと、8ニョロも入っていました。
たくさんの幼虫を送ってくださりとてもうれしかったです。

こちらからお願いしたにも関わらず送料まで負担して頂きありがとうございます。m(_ _"m)
私のクワカブでよろしければ、いつでも送りますので遠慮なくいってくださいね。

今日は、朝から雨で気温が低かったので良かったですが先週は洒落にならないほど暑かったので心配してました。
私の住むのは群馬県でも南部になりますのでめちゃくちゃ暑いです。
あの高温で全国トップクラスの熊谷市や舘林市の近くになりますので真夏は40度を越えます。
ですので、この時期はカブクワが心配でなりません。
今日も、実は結構心配しましたが幼虫が無事で本当に良かったです。(^^)/
2016-06-22(Wed)

ネプチューンオオカブトマット交換2回目

本日、ネプチューンオオカブトの2回目のマット交換を行いました。
この幼虫は、15年9月孵化の幼虫ペアになります。
まずは、♂の幼虫です。
ネプチューン♂2
前回よりも、10g弱大きくなってます。
次に♀の幼虫です。
ネプチューン♀2
こちらも順調に伸びています。

ネプチューンなんですが、本来22度以下にて飼育したいのですがほかのクワカブがいるため若干高めの24から25度前後での飼育になってまして心配していましたが今のところ大丈夫そうです。
ただ、前回も3令中期で落ちてしまったので心配ではあります。

この♂は、前回爆発的に体重が増えましたので期待しています。おそらく、順調にいけば次回交換時に100gアップが達成できる可能性がありますね。
ネプチューンは、ヘラヘラよりスマートなため同じ100gでも大きさに差が出ると思うので期待大です。
大型のネプチューンはめちゃくちゃかっこいいのでなんとか羽化までもっていきたいですね。
それには、この夏をどう乗り切るかにかかっているのでなんとか対策を考えないといけませんね。(^^♪
2016-06-21(Tue)

DHヘラクレス割り出し

本日は、DHヘラクレスの割り出しを行いました。
本当は、幼虫で割り出すつもりだったのですがここ2日くらい♀が全然潜らなくなってしまい心配になり割り出すことにしました。
まだ、一週間ちょいなのであまり期待してなかったのですが結果はどうだったでしょう。
ヘラクレス卵2
写真では、全部写らなかったのですが15卵を割り出し、2卵潰してしまい最終的に13卵を回収しました。
短期間にしては、結構取れたと思うのですがどうもヘラヘラの卵はやわらかくてすぐつぶれるので怖いです。
潰れた2個も別に圧力を加えたつもりはなかったのですがいつのまにか潰れていました。
個数的には、累代には十分ですがすべて孵化する保証もないので♀に少し休んでもらい週末あたりに再セット予定です。
次回は、幼虫での回収予定なのでセットを一ケ月弱放置予定で行います。
今回の種親は、大型の♂153ミリと超大型の♀75ミリの子のため期待が高まりますよ。
とりあえず、産んでくれたので次回は余裕をもってセットできそうです。(^^)/
2016-06-20(Mon)

わが家の小型カブトが増えてます。

本題の前に、昨日は地区のバレーボール大会に半強制的に参加させられました。
理由は、私が子供時代にバレー部だったということと、出場メンバーがごっそり子供の野球のため欠席してメンバーがいないことでした。
私もいい年なので、バレーも昔のように飛べませんし、ボールへの反応も遅れます。
まあ、しょうがないのでベストを尽くした結果一回戦負けでした。まあ、うちのチームも弱くはないのですが相手が今まで勝ったことのない前回優勝チームだったのでしょうがないです。( ;∀;)
3位までに入れば、区費でただ酒が飲めたんですが今回はお預けでした。
私もアップでバテテしまうようでは、もうそろそろバレーも引退させてもらいたいです。( ;∀;)

本題ですが、最近はやりの小型カブトが御多分に漏れず我が家でも増加の一途をたどっています。
余り考えずに、増種しまくったためえらいことになってます。

わが家の小型カブトリストです。

パチェコヒメゾウカブト(幼虫)
テルシテスヒメゾウカブト(幼虫)
グランディスコフキカブト(☆になりました)
ゴロファ・クラビゲール(幼虫、成虫は☆に)
ゴロファ・グロブリコルニス(幼虫、蛹、成虫)
ロンギチョンペルスミツノカブト(成虫、幼虫)
ヨツボシヒナカブト(産卵セット)
ゴロファSP(幼虫)

これから増種予定
スリナムミツノカブト
ゴロファ・ミヌトゥス

とこんなところです。
ただ、我が家では小型カブトはペアができず累代がほとんどできていません。今のところ、ロンギチョンだけペアになってます。
まあ、小型カブトなので場所はくいませんが種類が多すぎてわけがわからなくなります。
こうなったら、行くところまでいってやりますよ。(笑)

そういえば、パチェコなんですがもう一年以上幼虫やってます。小型なのに幼虫期間長すぎます。
多分、上の半分以上はペアができずに累代できないと思うので自然に減っていくとは思います。(^^)/

カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

クワカブマイスター

Author:クワカブマイスター
群馬県在住
家族構成 妻、娘、息子、母と暮らしています。

大型血統、極太血統を中心にカブトムシも飼育中です。
冬場は、スノボも趣味としています。
じつは、趣味として家庭菜園もやってます。

クワ友募集中です。(クワカブ大好きの人)
相互リンクも同時募集中です。気軽にお声がけください。

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

禁断の扉♡
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク