2016-10-24(Mon)

自作菌床マット作成!

★かぶ☆さん、プレの興奮冷めやらぬうちに今度はひでのぱぱさんのプレが開催されますよ。

10月23日~10月30日まで協賛者様募集期間

11月1日~11月6日までご応募期間

11月7日当選者様発表

11月7日~11月12日まで当選表明受付(11月12日までに当選表明のない方は落選、再抽選します。)

らしいですが、そのほかにも注意事項等あるようですので詳細はひでのぱぱさんのブログにて確認してください。

私ですが、協賛品どうしましょ。なんか余品あったかなあ。探して見ましょ。(^^)/
-----------------------------
先週の休みに、マイタケセンターでもらってきたマイタケ菌床マットを使い自作発酵マットを作ることにしました。
いままで、バクテリア材やカワラ材や腐葉土を自作してますがマットは初めてです。
とはいえ、マットはおが粉ではなくすでにマイタケ飼育で使用したマットになりますのである程度の栄養価はあると思います。
ただ、発酵が浅いのと添加剤をもう少し入れたいので自作することに。
まずは、添加剤の材料から。
自作マット添加剤

自作マット材料
マイタケ菌床マット 230リットルくらい
薄力粉  1kg×2袋
きな粉  1kg
砂糖(グラニュー糖) 1kg×2袋
ふすま  500g
水    バケツ3杯
を用意しました。業務スーパーで大体1000円くらいでそろいました。(フスマはチャームで300円くらいでした)

それらをブルーシートの上で攪拌してまんべんなく混ぜます。ちゃんと混ぜないと玉になります。
自作マット入れる前
マットが山積みされてますね。230リットルくらいあるので凄い量です。(;´・ω・)

そして、最後に少しずつ水を加えます。感覚的にはマットの加水と同じくらいですかね。入れすぎは厳禁ですよ。

そして、出来上がったものを入れ物に入れるのですが量が半端ないので入れ物を分けました。
大きなポリバケツ×2個、巨大コンテナボックス×2個にマットを入れましたが重いです。
重さ的に1つ30kg以上ありそうで持つのがやっとです。(;´・ω・)
ってことは、入れ物4つで120kgですか。やばいですね。

後は、20度以上の場所で発酵させるだけですがちょっと待ってくださいよ。これから通日20度以上の温度をキープするには季節がやばいでしょ。ってことは、この大荷物を虫小屋に入れなければなりません。(;´・ω・)
そして台車を使い1つずつ虫小屋に運びマジで腰が悲鳴をあげるなかなんとか全部虫小屋に入れました。
・・・やばい、すさまじく場所取ってます。邪魔でしょうがないです。
まあ、仕方ありません。あと2か月の我慢ですよ。って2ケ月もかーい。(;´・ω・)
後1つ問題なのが発酵臭ですよ。表現するとアルコールの蒸発したような匂いですね。
臭いわけじゃないですが、結構刺激的です。昨日は、その発酵臭の中半日虫作業してふらふらしました。
思いっきりアルコール臭のため、酒に弱い方はよってしまうかも。(笑)
でも、この発酵臭クワカブに影響ないのかなあ。いまのところ問題なさそうですがクワカブも酔っぱらうんでしょうかね。( ´∀` )
ちなみに、2日目の発酵温度はな・なんと38度ありました。こんなのにニョロ入れたら一発で☆ですな。

今回は、秋から冬にマット作成しますが、来年は春から夏に大量に作って一年使えるようにしないと虫小屋で発酵は邪魔でしょうがないです。多分500リットル以上作らないと一年持たなそうなので来年はすごいことになりそう。(;´・ω・)
できれば、完熟マットも作りたいですがめんどくさいのでそっちは買いますかね。

PS 次回予告 KKM血統 オオクワYGまさかのアマゾネス王国建国をお送り予定です。お楽しみに。(^^)/




スポンサーサイト
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

クワカブマイスター

Author:クワカブマイスター
群馬県在住
家族構成 妻、娘、息子、母と暮らしています。

大型血統、極太血統を中心にカブトムシも飼育中です。
冬場は、スノボも趣味としています。
じつは、趣味として家庭菜園もやってます。

クワ友募集中です。(クワカブ大好きの人)
相互リンクも同時募集中です。気軽にお声がけください。

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

禁断の扉♡
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク