赤くて白いの着弾
2018 / 04 / 11 ( Wed )
私事なんですが今年の1月から、会社がM&Aで別会社の子会社になってしまいいろいろ環境が変わって中々ブログ等の更新もできないことがあるので慣れてきたらもう少し更新頻度を上げていきたいと思ってます。
一番の変更は、会社の始まりが8時30分から8時になり基本朝虫作業するので時間が厳しくなってますね。
親会社からかなり無理なスケジュールで仕事が入ってくるので残業がやばいことになってるので体力的&精神的に結構つらいですがまあ残業が多ければ収入も増えるし割り切ってやってますがね。(まあ、バブルのころに比べれば大したことないですけどね)
私のようなバブル景気に仕事してた人間としては、100時間くらいの残業普通でしたので今更驚きませんけど。
しかし、バブルのころはピチピチボーイだったので平気でしたが今は、シワシワおやじなんで体力が持ちません。(笑)

さて、虫ネタですがKUWATA記事の中でちょっと触れてたんですが赤くて白いのがちょい前に着弾してました。
こちらです。
ニジイロweレッド
これのどこが赤くて白いんだと突っ込まれそうですがまあ、これが成虫になれば赤くて白くなります。
とはいっても、赤白のコントラストの虫ってわけではないんですけどね。
まあ、正解はニジイロレッド血統ホワイトアイニョロ5頭ゲットです。(((o(*゚▽゚*)o)))
実は、去年かっつさんより頂いて飼育していたニジイロレッドホワイトアイが羽化してブリしたんですがペアで羽化するも羽化ズレで♀が弱っていたので結局産まずに撃沈でした。
その後、グリーン血統ホワイトアイペアをゲットし、ブリしてたんですが他の色もほしかったので物色してたんですが成虫ペアはあまり出ない上、ライバルが多く全く落札できないのでニョロ狙いに変更してました。

ニジイログリーン血統ホワイトアイは、最初3分の1割り出しで10近く採れたんでこれは20以上確実だろうと残りを割り出したら2ニョロしか採れず、再セットもボウズでした。
現在12ニョロほどキープできてますが余品を作れなかったのは痛いです。
現在♀は、符節が1本とれて動きも悪いですが余っていた菌糸瓶に入れたら潜ってたのでだめかもしれないですがもう少しでも追加欲しいです。
♂は健在なんで、キープしているブラック血統ニジの♀と掛け合わせてWB個体を作って2世代後にホワイトアイを狙う戦法も考えてます。
WB×WBでは、25%でホワイトアイが出るのである程度数をそろえないとホワイトアイをゲットできませんので多めにほしいですけどね。

レッドホワイトアイニョロは、まだ初令だったので菌糸に入れるのちょっと迷ってるんですが週末あたりに菌糸に引っ越そうかと思ってます。

PS ゴロファ・ビフィドゥスなんですが後から羽化した♂がどうやら活動開始した模様です。
先に羽化した♂は全く起きる気配がなくマットの中でおねんね中。(;'∀')
ビフィドゥス活動開始しても、また寝たりするので今回は温度を上げてしっかりエサを食べさせてやらないと♀は完全に活動開始してるんでまた落ちたら洒落になりません。(;'∀')
時間がないので週末あたり、一度ハンドペアリングしてみてうまくいけばセットしたいです。(^^)/



スポンサーサイト
05 : 15 : 50 | ニジイロクワガタ | トラックバック(0) | コメント(10) | page top
ニジイロWE割り出し&2周年
2018 / 02 / 23 ( Fri )
先日このブログも2周年を迎えました。
最初は、虫友さんもいないし一人さみしくアップしていたのに2年で環境が大分変りましたね。
去年は、ブログランキング1位も取れたし始めたころではとても考えられませんね。
最近は、仕事が忙しくストレスからか中々ブログアップがおろそかになってますがもうそろそろ前のようにアップできるようにしないとね。
ってことで、去年に続きブログ開設2周年プレを開催しようかと思ってますが如何せん仕事が忙しくて時間が取れないので2月の開催は難しいので3月まで待っていただきたいと思います。
3月初旬には詳細を発表しようと思いますのでもう少しお待ちください。
ってかプチプレなんで過度に期待されても困ってしまいますのでその辺ご了承ください。m(_ _"m)
今週末に余品のチェックをしますので、それから生体については考えます。
その他は、自作便利グッズや家庭菜園で私が育てた野菜などをプレする予定ですのでお楽しみに。(^^)/

で、虫ネタですがニジイロ初の菌床産卵セットをしていたニジイログリーンホワイトアイですが外からは穿孔後は見えるが卵が見えず心配になり割り出してみました。
で、結果ですがこんな感じです。
ニジイロwe卵
写真ではよくわかりませんがちょっと割り出しただけで5個の卵が出てきました。
卵の状態もよさそうなんですがどうも産み始めたばかりのようで幼虫がいないので残り3分の2は割り出さずにもう数週間置いておくことにしました。
去年のニジイロブリは撃沈と1桁ニョロと散々でしたがさすが菌床産卵結構産んではくれたようです。
今年は、交尾も確認できたんである程度は安心のセットでしたが苦手なニジイロなんで不安もありました。
これで、次回以降は菌床産卵がいいんじゃないかと期待しちゃいます。
♀は、ちょうどエサを食べに外に出ていたので念のため♂と再度同居させて休憩後2回目のセットに入れようと思います。
残りでどれくらい産んでいるのか孵化率はどうか気になりますが結果はもう少し先ですね。(^^)/
22 : 04 : 13 | ニジイロクワガタ | トラックバック(0) | コメント(10) | page top
ニジイロWE菌床産卵
2018 / 01 / 20 ( Sat )
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ヤフーブログにて、わきたけさんが5周年プレ企画を開催しています。
商品は、福箱×3箱のようです。

応募期間は、1月31日までですのでお早めに。
応募資格は、特にないようですので奮ってご参加くださいね。
詳細は、わきたけさんのブログをご覧ください。

私もちゃっかり応募しちゃいました。(^^)/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今日は、ニジイロクワガタのグリーン血統ホワイトアイペアが先日ぺリングして♀を1週間ほど休ませてたのでセットしてみました。
今まで余り産卵数に恵まれないニジイロなんで今回は菌床産卵に初挑戦しました。
先週激安菌糸を5リットルタッパーに詰めていたものがうまく再生したのでそちらでのセットになります。
そういえば、激安菌糸ですがかなりいい感じに早く菌が回ったので菌糸の状態はいいようです。
3日でかなり白くなっていたので、有名菌糸と菌糸再生速度は大差ないです。
この菌糸なら、うまいこと添加剤を考えれば有名菌糸とあまり変わらない結果が得られるかもしれないですね。
まあ、今回は菌床産卵と3令後期ようなんで添加剤は追加してないですけどね。
で、セットはこんな感じです。
ニジイロセット
真中に一応、案内穴を空けておいたんでうまいこと潜ってもらえればいいですけどね。
ニジイロは、マットでも産むんですが元々幼虫飼育もマットよりは菌糸が相性がいいので菌床産卵の方が期待度は高いんじゃないかと思ってるんですがどうですかね。
菌床産卵なら、2令くらいまでそのまま飼育しても大丈夫そうなんでいいですよね。
実際菌床産卵は、オオクワやレギウスでやったことありますがニジイロは初めてです。
他では、結構好結果を出している方もいるようですのでいっぱい産んでチョーだい。(^^)/

ちなみに、親♂がこちら。
ニジイロ♂
若干凹みはあるんですがでかくてグリーンもきれいに出ていますし、ホワイトアイもきれいです。
こいつは、なかなかの絶倫なんで3♀と交尾しましたがまだまだ行けそうです。(笑)
実は、1頭同居中に♀が落ちたんですがこいつが絶倫すぎたからか。(爆)
ニジイロは、しっかり成熟させないと結果が出ないし、産まないのは全く産まないので頼んますマジで。
結構ホワイトアイニジいたんですが♀が符節欠けやなんやで落ちてしまい、現在この♀しかいないので後がないです。
最悪、WW×BBでペアリングしてWBを作って、累代していくうちにホワイトアイにするっててもありますがめんどくさいでしょ。
幸い黒目ニジは、いっぱいいますので困りませんけどね。

実は、ニジイロはあっちゃん☆さんより落札したブラック血統ニジがほとんど羽化してきたのでいっぱいいたりします。
ニジイロブラック
7頭成虫がいて、1頭蛹中です。
ブラック血統ですがダークレッドぽいのもいるんですけどね。
こっちは、まだ羽化後1カ月程度なんでブリはもう少し先ですね。
このニジイロとか居れてるのは、ホームセンターで買った工具ケースですがロックもついてるので逃げられる心配もなく良いですね。前の100均のは♀は齧って逃げるのでこっちが無難ですね。(^^)/


21 : 55 : 14 | ニジイロクワガタ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
ニジイロブラック&サビイロペア成立
2017 / 11 / 22 ( Wed )
------------------------------------------------------------------
KAZくんのプレが開催させるようです。
KAZくんプレバナー
延長戦が始まってますよ。
11月19日から22日までで、早い者勝ちみたいですよ。
------------------------------------------------------------------
今日は、ちょっと前に♀が羽化していたニジイロブラック血統の残りをチェックしてみました。
♀が羽化したときは、数瓶蛹化していたのでそろそろかと思ったんですよね。
で、結果ですがこちら。
ニジイロ♂
♂が2頭羽化していました。
一頭やばいサイズですが最終瓶をマットにしたのと菌糸瓶を引っ張りすぎたために大きくできませんでした。
しかし、両方完品羽化ですので先の♀とでペアになりましたので良しとしましょう。
この個体は、前にあっちゃん☆さんよりオクで落札したのですがその後プレで私の協賛品に当選したりで現在虫友さんとしてお付き合いさせていただいています。
さらに、今回のプレでも私の協賛品に当選しているのでなかなかの縁ですね。
残りですが1頭幼虫が落ちていましたがほとんど蛹化していて1頭のみ幼虫でした。
外からよく見えず雌雄はわかりませんがなんとなく♂に偏りそうな感じがします。
ニジイロは、夏祭りで需要があるので次世代は多目に欲しいのですがこちらは成熟が春くらいなんで夏祭りには間に合いませんね。
ペアもそろったことですし、苦手なニジイロで今度こそいっぱい採りたいです。(^^)/

そして、さらにこちらもペアが成立しました。
それは、今年の冬場にブリして3ニョロしか残らなかったKKM血統サビイロカブトですが先に♂が羽化していまして、その後すぐにもう1♂が羽化した瞬間やっちまった?感バリバリでした。
しかし、今朝外から見えない瓶を割り出してみると・・・。
サビイロ
♀の蛹がコロンと出てきました。
まあ、これはこれでやっちまった感ありますがまあ♀蛹なんでペア成立でホッとしました。
写真では、蛹黒いですが落ちているわけではなくおそらく羽化が近いんだとおもいます。
うねうねしてるし近いうちに羽化しそうです。
先に羽化した♂は、色も落ち着いてギーギー鳴いてますのでそろそろ後食しそうですね。
ピエンさん血統サビイロは、まだ蛹化はしていないですがさて間に合うでしょうかね。(^^)/

21 : 01 : 53 | ニジイロクワガタ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
ブラックニジイロ羽化開始(^◇^)
2017 / 10 / 27 ( Fri )
------------------------------------------------------------------
KAZくんのプレが開催させるようです。
KAZくんプレバナー
私もなにかかき集めておきますかね。(^^)/
------------------------------------------------------------------
本日、何気に気になった瓶があったんですがそれはあっちゃん☆さんより以前落札したブラックニジイロニョロの瓶です。
5月下旬に我が家に来たんですが最初に菌糸カップで飼育して食い終わったあと迷った挙句にマット飼育に切り替えてました。
その後、特に変わったことはなく暴れも特に感じなかったので放置してました。
今日なんとなく目に入ったので確認するとこんな瓶がお出ましです。
ニジ蛹
見ずらいですが蛹化していました。
外からでは雌雄はわかりませんね。若干菌糸カップからマットへ移行で遅れたので大きさは微妙ですね。
さすがに60アップはなさそうですが無事羽化してもらいたいです。
で、ほかの瓶はというと8頭+おまけで2頭だったのですが半数の5頭が蛹化しているようです。
他の瓶も見えないだけで蛹化している可能性もありますね。
孵化日をチェックしてませんでしたが4月くらいだとしても半年での蛹化ですね。
ニジイロはサイクルが早いので油断してると蛹化しちゃいますね。
で、1ニョロだけ入れ物がなく小コンテナボックスに入れてたんですが何とそこから出てきたものは・・・。
こちらです。
ブラックニジ♀
なんと♀が羽化してました。これは頭に線があるので♀で間違いないですね。
ブラックですが若干赤みがあるブラウンに近い感じですかね。
赤系のニジイロからもブラックが出るのでその名残なんでしょうかね。
そういえば、あっちゃん☆さんとは落札時には知り合いではなかったのですが偶然にもその後のプレで私の協賛品に当選されて以降虫友さんとしてお付き合いさせていただいてます。
狭い世界なんでこんな偶然もあるんですね。(^^)/
あっちゃん☆さん、ブラックニジ旨い事羽化してきています。ブリは来年ですがぜひ次世代採りたいです。

PS 先日逃げられたウォレスの♀ですが、今日2頭目を救出しました。
ウォレス♀
なんと先日1♀を救出した場所と全く同じところで固まってました。
なぜそこが好きなのか疑問ですが最後の♀もその内同じところに来るかもしれないですね。(^^)/
 
21 : 22 : 26 | ニジイロクワガタ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
| ホーム | 次のページ>>