2017-06-17(Sat)

ポリフェムスペア成立(*´▽`*)

プレ見発送品
ジャガイモチャレンジコース 発送完了です。
--------------------------------------------------------------
去年からブンブンにハマり、ブンブン王国を建国していましたがその第1号住民であるポリフェムスペアよりブリした幼虫たちの羽化が一部始まりました。
ポリフェムス自体は、卵は産めど孵化せずで焦りまくった思い出があります。
結局最終的には10ニョロちょい採れたんですが卵で割り出すとかなり孵化率悪かったですね。
アフリカンブンブンは、カブクワと違い乾燥気味がいいので結構さらさらマットでブリ及び飼育しますのでかなり最初は不安でした。
今のところブンブン王国は、9種類のブンブンがいますが半数はブリ失敗や雌雄の偏りでブリできず終了になりそうです。
まあ、ブンブンは色彩の変化が多くでかいウガンと形の面白いインカツノコガネとクラッツに今後力を入れようかと。
後は、レアなブンブンをもう少しやる可能性はありますけどね。

それでは、羽化した個体第1号がこちら。
ポリフェムス♀
こちらは♀の個体です。自力ハッチではなく割り出しちゃいました。
この個体は、500cc瓶で飼育していたら繭玉を端っこに作りボトルに繭玉がくっついて中身が見える状態でした。(;´・ω・)
観察にはしやすいし、普通の繭玉と違い中が見えるので羽化が丸わかりで管理しやすかったような。
色は、親と同じグリーン系の個体でしたね。ウガンと違いポリフェムスには大きな色彩変化はないのでこの色が基本ですかね。

次に第2号です。
ポリフェムス♂
こちらは♂の成虫です。こちらも端に繭玉作りました。
ウガンは同じ径の800ccで飼育してましたが端に繭玉作らなかったんですよね。
たまたまかもしれませんがポリフェムスはすべて端に繭玉作ってます。
この♂は、グリーン系ではありますが♀とは違い若干オレンジっぽい色が混ざってますかね。
ポリフェムスでも若干の色彩変化はあるんですよね。
この♂の色は結構珍しいのでいいんじゃないかな。
ポリフェムスは大きさはウガンよりちいさいですが500cc瓶で飼育した割にはそこそこサイズ出ました。
さらにいきなりのペアでブリできそうなんで後食を待ってブリに臨みます。
我が家のブンブンのブリ課題である孵化率改善を念頭に置いてブリしていこうと思います。
寒さに弱いブンブンなんで夏場のブリが一番タイミングはいいですかね。(^^)/

PS ポリフェムス以外にも結構な数が羽化開始しています。
そのため私の余品の一部を同僚が栃木の足利市にある輪娯舘という自転車屋で販売するそうです。
全然関係ない業種ですがHPで宣伝してくれるらしいので夏場ならそこそこ需要あるみたいです。
価格設定はかなり抑えているのでお得ですがB品もあるので価格相応かもしれないです。
ちなみに販売は基本土日のみのようです。土曜日はたまに仕事あるのでない日もあります。
ちなみに栃木の足利に足利サンフィールドMTBパークというマウンテンバイクのコースがあるんですが結構有名らしく東京や千葉など遠くから来る方も結構いるようです。
年会費を払えば基本無料で走れるんで人気あるみたいですね。
ただ、マウンテンバイクの貸し出しはない(1回だけ予約でマウンテンバイク貸してくれますが)のでマウンテンバイクを買う必要はありますけどね。
なかなかマウンテンバイクのコースはないし、基本無料な上大会等も開催されるらしく結構盛り上がってます。
土日祝が基本らしいですが詳しくは足利サンフィールドMTBパークのHPにありますよ。
問い合わせや予約は、輪娯舘にTELしてくださいね。
同僚に誘われてるんですが虫に金がかかるのでマウンテンバイク買えません。(;´・ω・)

スポンサーサイト
2016-12-18(Sun)

ブンブンマット交換&カエル体重測定など

今日は朝からブンブンのマット交換及びケースのサイズアップをしました。
今までは、小さいタッパーに入れていたので窮屈そうだったので500cc瓶への引っ越しも兼ねてます。
今回引っ越すのは、ポリフェムスオオツノカナブンとシロヘリです。
これらは、成虫を我が家でブリして得たニョロになります。ちなみにブリは夏場に行いましたので割り出し後数ケ月は立ってます。
どんなに成長してるかな、楽しみです。
まずは、ポリフェムスからです。
ポリフェムス
結構成長に差がありますが実は、ポリフェムスはだらだら産みのためニョロ自体最初の孵化個体と最後では2ケ月近く違うんで大きさの差はしょうがないですね。
なんか1ニョロだけめちゃでかいのいますがおそらく最初に孵化した個体でしょう。
ってことは、1ニョロ3令でほかは2令ですかね。
思ったより成長早くないような気がします。ウガンは、数カ月で数倍になったんで種類によって違うのか温度管理の問題かわかりませんね。(;´・ω・)何気に3令になると爆発的に大きくなる傾向なんで3令になったら800ccに移動ですね。

次は、シロヘリです。
efdenさんがシロヘリ撤退するというので譲り受けた個体をブリしたんですが最初はまあ産まない、孵化しないで累代危機でした。
しかしこちらも数カ月かけてちょっとずつニョロが増え最終的に10ニョロゲットでした。
♀が羽パカでしたが数カ月だらだらながら産んでくれましたが先日☆になりブリは終了です。
♂2は、まだ元気でゼリー食べてますけどね。

何気にカナブン系は丈夫で長生きなんで飼いやすいですね。ブリも簡単ですしね。
臭いを気にする方もいますが私は全然平気ですし、シロヘリに至っては桃の香りがマジしますよ。(コンテナ飼育で蓋を開けると臭います)あとは、キモイニョロを受け入れればカナブンの世界の門をくぐれますよ。(笑)

(注)ここからは、カエルが嫌いな方は見ない方がいいです。

わが家のカエルたちの成長記録を残すためブログにて体重を記録したいので記事にしました。
まずは、ベルツノガエルのベルちゃんです。(笑)
ベルツノガエル
現在の体重11gですね。初飼育なんでさっぱりわかりませんが順調かな?
エサは、人工餌にレッドローチを食べさせてますが結構貪欲に食べますね。
順調に行けば、1年ほどで500gくらいにはなるかな。給餌は若干多めにしてでかいの狙います。

次に、バジェットガエルのぴょん吉です。(笑)
バジェットガエル
現在の体重41gです。こいつも初飼育なんでわかりません。
バジェットガエルは、口がデカいのでなんでも食いますね。メダカに人工餌、ピンクマウスも食べます。
なぜかレッドローチは食べないんですけどね。
こいつは、爬虫類倶楽部ででかいの見ましたが10cm以上で500gくらいは行きそうです。

今のところエサ食いもよく偏食もないのですこぶる順調に飼育中です。
カエルって基本与えればいくらでも食べるので人間が自制しないと食べ過ぎで体調を崩すこともあるのでほどほどにします。
しかしでかくしたいのである程度は多めにあげますけどね。
いやあ、私みたいな捕食マニアにはカエルはうってつけですよ。目の前でエサを手から与えても食べるんで好きです。
ついついあげすぎるので自制しないと。ちなみにカエルってトロそうですがあの赤い彗星のレッドローチでさえ、ニュータイプのア〇ロよろしく高速で捕獲します。(;´・ω・)
マジですごいんで機会があれば必見です。(^^)/


2016-09-03(Sat)

ポリフェムスイレギュラー割り出し&ショックな出来事

★かぶ☆さんのプレが始まりますよ。
カブさんプレ
みなさん、プレが始まるまでにせっせとセット組みましょう。(^^)/
-----------------------------------------
先日ですが、ポリフェムスをセットして3日ほどたったのですがどうもばらまき産卵なのでマットは固めない方がよいと情報が入ったため急きょ割り出してセットし直すことに。
そしていざマットをぶちまけると何やら白いものがこんにちはしてました。
もしやこれは、たまたまちゃんではあーりませんか。なんだよ、硬めでも産むじゃんと思いすべて確認した結果がこれです。
ポルフェムスオオツノカナブン卵
なんと3日で12玉でした。マジで結構産んでますね。(;´・ω・)
しかし、ブンブンのマットは基本サラサラのほぼ加水なしなんでサラッサラーのなんたらのごとく水分を全く感じません。
クワカブやってる方には、マジで心配になるようなマットでも平気で産んでくれるってか加水するとダメらしいです。
特に繭玉を作るときに加水すると繭玉をうまく作れずに不全になったり落ちたりするらしいので知らないとやばいですよね。
なんでもそうですが知識って大事ですよね。セットにしても幼虫管理にしても種によって違うので難しいです。
それにしても最近ブンブンの話題ばかりですが別にクワカブをおざなりにしてるわけではないですよ。
ブンブンは、成長早いしセットも簡単なので初心者向きではと今更ながら思いますね。
800ccで育てられるのでそんなに場所もとりませんよ。それに、ドックフードなくても育ちますよ。(^^)/
そして、目指すはKBNマイスター(カナブンマイスター)ですかね。(笑)

PS
悲しいこととは、我が家のSLSレギが全く潜りません。カワラ材もダメ、菌糸ブロックもダメでお手上げです。
菌糸ブロックなんか穴を空けて頭から突っ込んでも次の日には外に出ています。
♀がダメなのか、♂がためなのかいまいちわかりませんねえ。まあ、♂がバイブしてないのも影響あるかもしれないですけど。
とにかく我が家の2代ダメダメセットのカワラ系クワガタは相変わらず相性悪すぎです。
オウゴンオニもレギも全く産む気ないんでもうやになりますよ。(;´・ω・)
頭にきたので♂がバイブするまで♀とずっと一緒に同居させます。事故ってももういいやって感じです。
でもレギウスは次世代欲しいよなあ。まあ、ローゼンよりは長生きなんで気長に行きますかね。(^^)/

2016-08-30(Tue)

お待たせしました増種発表パート2

先日増種発表をしたばかりですがその時タイトルの最後に1とついていたの気づきましたか?
あれは、そうです第2弾があったんですねえ。(^^♪
そして本日無事に我が家に着弾いたしました。
それがこちらになります。
ポルフェムスオオカナブン
見てお分かりのようにブンブンですね。
これは、ポリフェムスオオツノカナブンといいます。♂は角があってかっこいいんですよね。
よく見ると♂は、写真では分かりずらいですが若干ブラウン系ですかね。♀は、緑です。
ブンブンは、去年小さいのを飼育したことがあったのですがブリード失敗し撃沈でした。
大きさ的には、♂が54ミリとそれほど大きくないですがまあブリードするには十分ですね。
価格もオーベルチュールより安いしちょうどよかったです。
来て早々ですが産卵セットへペアで突っ込みました。カナブンはばらまき産卵のためそれほど硬くマットを敷いていません。
かつ、乾燥気味がいいらいいのでマットは加水せずにそのまま入れました。
7月に自力ハッチを空けて脱出してるようなので成熟はいいのかなあ。エサはばりばり食べてるようでした。
まあ、DV自体ありえないので産まなくてもしばらくは同居ですね。
カナブン系は、クワカブと違い常に交尾してないと種切れ起こすらしいので同居が一番でしょ。
気になっていたカナブン臭いよ情報ですがこのポリフェムス自体はそんなににおいませんでした。
どっちかっていうと国カブのほうが臭いような気がします。
やあ、ブンブンの成虫見たら予想以上にきれいでかっこよかったのでハマる予感大ですね。(^^)/

PS ブンブンつながりで我が家のウガンデンシズニョロですがまあ食が太くて洒落になりません。
国カブもすごいですがそれ以上です。800ccを数週間で食い上げ糞だらけでした。
ちなみに写真はないですが体重はMAXが32.5gでMINが23.5gでした。
内4ニョロが30gオーバーでしたのですがいいのか悪いのかわからないです。
でも、30gオーバーだと国カブの♂くらいの重さあるのでいいのかなあ。
ちなみにウガン用にドックフード買っちゃいました。それも、国産牛やチーズ。野菜の入ったやつです。
しかも昔のカチカチの乾燥餌じゃなくソフトな歯触りのやつですよ。
こいつら、いいもん食ってやがんなと思いつつマットの上に置いておくと翌日にはきれいさっぱりなくなってますので驚きです。
でもほんとにドックフード食べるとはハナムグリ恐るべしですね。
目指せ80ミリを目標に頑張りますよ。(^^)/

カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

クワカブマイスター

Author:クワカブマイスター
群馬県在住
家族構成 妻、娘、息子、母と暮らしています。

大型血統、極太血統を中心にカブトムシも飼育中です。
冬場は、スノボも趣味としています。
じつは、趣味として家庭菜園もやってます。

クワ友募集中です。(クワカブ大好きの人)
相互リンクも同時募集中です。気軽にお声がけください。

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

禁断の扉♡
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク