2016-12-02(Fri)

キヨタミうれしい誤算

今日は、なかなかいいことがありました。
それは、ほぼ1カ月前に割り出したキヨタミの卵が4個あったのですがその中の1つが孵化してました。
割り出してから1カ月弱経ってるし、卵もあまりよくなかったので腐ったのかと思ってましたが一応保管してました。
今日何気に確認すると白い物体が・・・。
キヨタミニョロ
こ・これは卵ではなくニョロじゃありませんか。まさか、あの卵が孵化するとは想定外です。
ってことは、残りの卵も孵化してるかも別管理していた卵を見るとこっちは孵化してません。
しかし、3個あったはずなのが1つしか見えないので中身を確認することに。
すると、マットから1ニョロこんにちはしてます。そして、見えていた卵をスプーンに乗せたままニョロを入れる入れ物を探しにいきました。そして、帰ってから見つけたニョロを入れ物に入れた後ふと思い出しました。そういえば、スプーンに乗せた卵はどこ行った?
そうです、卵がスプーンに乗ってるのを忘れてそのままニョロを容器に移したので卵がどこかに転がってなくなりました。(;´・ω・)
まじか、この卵ももう少しで孵化しそうだったのにどうしても見つからずあきらめました。
念のため、近くを掃除してごみをマットと一緒に管理してしばらくしたら確認してみます。
いやあ、年は取りたくないですねえ。すっかり度忘れがよくありますよ。(;´・ω・)
しかし、これでキヨタミが3ニョロ+2ニョロで5ニョロになりかなり気が楽になりました。
これで、あとセット割り出しでいくつか追加してくれれば安泰ですね。(^^)/

PS 前にセットしたアローコクワですが産卵する形跡がないので割り出すと案の定齧ってないし何もなしです。
まあ、♂が後食微妙だったんで早すぎですよね。
今回は、確実に後食してるので再度ペアリングをさせてます。
週末に、2回目のセットをしようと思ってるので何とか次回は産んでもらいたいです。(^^)/
スポンサーサイト
2016-11-06(Sun)

難攻不落のキヨタミ城攻略の巻

★かぶ☆さん、プレの興奮冷めやらぬうちに今度はひでのぱぱさんの、「ブログ開設5周年記念プレ企画」が開催されますよ。

10月23日~10月30日まで協賛者様募集期間

11月1日~11月6日までご応募期間

11月7日当選者様発表

11月7日~11月12日まで当選表明受付(11月12日までに当選表明のない方は落選、再抽選します。)

らしいですが、そのほかにも注意事項等あるようですので詳細はひでのぱぱさんのブログにて確認してください。

-----------------------------
今朝何気に目に入ったのがキヨタミのセットでした。そういえば3週間以上たってるし割り出すかなあと思い割り出し決定です。
ちなみに、前回は見事にボウズでした。フタマタ系はそこそこチャレンジしてますがすべてボウズで卵さえ産ませられないというまさに難攻不落の種になります。
ちなみにセット情報ですがこんな感じのセットです。
産卵木3本(カワラ材1本、コナラ材2本)
マットは、無添加微粒子マット
入れ物は、米びつです。(笑)
なぜ米びつかというと中コンテナだと大きめの材を入れると高さがたりないので。
そして、マットを2cm堅詰めで、産卵木をいれて周りにすこしマットをかける程度でセットしました。

そして、産卵木を見てみると若干ですが齧ったあとがあります。でも、前回も齧ったあとはありましたがフェイクだったのでいまいち不安が隠せません。そして、結果はというと。
キヨタミニョロ
や・やりました。ニョロを発見しましたよ。しかも、その前に2玉発見しています。
苦節数年の月日をかけやっとフタマタのニョロをゲットできました。いやあ、オオクワの100倍くらいうれしかったですよ。
まあ、簡単にフタマタ採る方もいるとは思いますがやっぱフタマタムズイですよ。
そして、3本割り出した最終結果は・・・・・4ニョロ+4玉でした。しかも、1ニョロマットから出てきました。
残りの4玉孵化してくれればかなり楽になりますが孵化率は不明のため待つしかないです。
そして、すぐに2回目のセットの準備をしました。

基本的には前回と同じセットですが今回は産卵木をこんなのにしました。
キヨタミ用産卵木
これは、山でもらったシイタケの原木で30cmくらいにノコでカットしたもので結構やわらかめです。
まあ、この長さは原木ならではですよね。30cmだと横が米びつにぎりぎり入るのでこの長さに決定しました。
山の原木のため今回も熱湯消毒3時間後のセットです。
これだけデカい原木入れたんだからしっかり産んでちょうだいね。(^^)/
2016-09-11(Sun)

キヨタミセット開始など

★かぶ☆さんのプレが始まりますよ。
カブさんプレ
みなさん、プレが始まるまでにせっせとセット組みましょう。(^^)/
-----------------------------------------
先日同居させたキヨタミですが次の日確認するとメイトガードしていました。
フォルスターメイトガード
写真では分かりずらいですが♂がゼリーを食べる♀の上でじっとしていますね。
しかしよく見るとこの♂交尾器出してますよ。(;´・ω・)
交尾器だして♀の上でメイトガードとは変態もいいところですよ。(爆)
まあ、どうも交尾直後に虫小屋に入ったようですけどね。
これで多分大丈夫そうですが念のためもう一日同居させることにしました。
そして次の日早速セットを組みました。
キタヨミセット
フタマタ系の基本セットにしましたがどうでしょうかね。
コナラ材は、熱湯で殺菌および加水して日陰干ししたものを使いカワラ材は、KKMカワラ材を使用しました。
一本は普通の硬さでもう一本は非常に柔らかく触るとボロボロになるようなのを使用しました。
そしてケースは、ちょうどいいのがなくコメを入れておくプラケースに3センチくらいガチ固めにクワガタ微粒子マットを敷いてその上に左右にKKMカワラ材、真ん中にコナラ材を置いてさらにふわっと材がちょっと隠れるぐらいにマットを敷きました。
そして、とっておきのマイブームである魔法の水を材にかけて終了しました。
まあ、魔法の水とは味の素を水で溶かした溶液のことなんですが味の素のアミノ酸の成分がクワガタの産卵行動を誘発する働きがあるらしいので最近は陰干しした後スプレーで軽く霧吹きしてセットしてます。
実際本当に効果があるのかわかりませんが今のところ結果は出てるので続けてます。
それとかけすぎるとカビや劣化の原因になるのでかけるならほどほどにした方がいいですね。
まあ、なぜか♂も一緒にセットに入ってますが2日の同居ではやっぱ少し心配のためあと数日セット同居です。
これで産んでくれれば最高ですが産まなかったときのことも考えておかないといけないですね。(^^)/

PS 本日ニジイロブラックのセットを見ると側面の卵が孵化してました。
ニジイロブラック幼虫
やあ、セット早々に卵を確認しさらに孵化しましたので後は搾り取るだけです。
ブラック血統は、ほかのカブクワに時間を取られなかなかセットできずに5か月以上おいておいたのがいい結果につながったのかもしれないです。
まあ、側面には1ニョロしか見えないので空けてみたら1ニョロだけとかいうオチだけは勘弁しては惜しいです。(^^)/
2016-09-09(Fri)

キタヨミ同居開始など

★かぶ☆さんのプレが始まりますよ。
カブさんプレ
みなさん、プレが始まるまでにせっせとセット組みましょう。(^^)/
-----------------------------------------
前に購入したキタヨミですが後食して数週間たつので我慢できず本日より同居させました。
DVが怖いので顎を縛りましたが♂がめちゃくちゃ凶暴です。2回ほど噛まれそうになり危なかったですがなんとか縛りました。
お得意の亀○縛りではなく、3連インシュロックスペシャル縛りにて♂はめちゃくちゃおとなしくなりました。(笑)
フォルスターキタヨミセット
キタヨミなんですが、ブリードタイミングにいろいろ説がありどれがいいのか迷いましたが短気な自分が有利な後食後1ケ月でペアリング可能との情報を信じることに。
ブリを早めにしておけば、失敗してもリトライできるしいいんじゃないでしょうかね。
セットの予定としては、中コンテナボックスにKKMカワラ材とコナラ材を入れてセットしてみようと思います。
基本材産みのため、底固めで産卵木が3分の一ほど隠れるようにセットするいわゆるフタマタセットで行ってみようと思います。
材は、皮を剥かずにセットして少しでもカビの発生を抑えようと思いますがKKM材は仕込みの段階で皮を剥いてあるんでした。(;´・ω・)
フタマタ系は、マンディブラリスで撃沈してますので今回こそはニョロをゲットしてやりますよ。(^^)/

PS
 越冬してないトカラノコのセットでゲットした12玉ですが今朝確認すると1個だけですが孵化してました。\(^_^)/
越冬個体でないため、種なしや孵化しないなどの弊害があるんじゃないかと心配しましたが孵化してホッとしました。
トカラノコ孵化
これで、春先羽化個体でも後食していればブリード可能であることが証明できましたね。
これで、2回目のセットでも期待が持てますのでトカラはできる限り取っちゃおうと思ってます。
まだ孵化1ニョロなんで安心できませんがたぶん大丈夫でしょう。(^^)/


2016-08-28(Sun)

お待たせしました増種発表1

本日待ちに待った増種カブクワが我が家に着弾しました。
午前中仕事だったので帰ってくるとちょうど宅急便が来ていました。
そして早速虫小屋で待望のご対面です。
フォルスターキタヨミ
写真でわかりますかね。
そうです、フォルスター・キタヨミペアになります。
♂66ミリ、♀37ミリとまあまあのサイズでした。本当は、ちょっと高かったですが♂72ミリがほしかったのですが結構入札があったので安全にこちらを選びました。
雌雄ともに、7月下旬羽化なのでブリードまではもう少しかかりそうですがいまいちタイミングがわからないですねえ。
後食したら1カ月くらい待ってブリードすればいいのかなあ。わかる方がいたら教えてくださいね。
それにしてもフォルフォルもかっこよかったですがキタヨミの方が私的には好きですね。
問題は、ブリードの難しさと元々フタマタ系のブリードが苦手のダブルパンチですので無事幼虫を取れるのか不安でしょうがないです。
最近は、カブト系に走っていたので久々のクワガタ増種ですので気合を込めてブリがんばるぞー。(ノ・ω・)ノオオオォォォ-
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

クワカブマイスター

Author:クワカブマイスター
群馬県在住
家族構成 妻、娘、息子、母と暮らしています。

大型血統、極太血統を中心にカブトムシも飼育中です。
冬場は、スノボも趣味としています。
じつは、趣味として家庭菜園もやってます。

クワ友募集中です。(クワカブ大好きの人)
相互リンクも同時募集中です。気軽にお声がけください。

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

禁断の扉♡
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク