2017-03-26(Sun)

スリナムペア成立(((o(*゚▽゚*)o)))

プレ見発送品
ジャガイモチャレンジコース 種イモ植え付け完了
----------------------------------------------------
本日前から蛹化を確認していて先日羽化したようだったスリナムミツノカブトを割り出してみました。
スリナムは、去年かっつさんから頂いたニョロを飼育していましたが蛹で結構落ちてしまい、かつ♂に偏り唯一の♀が後食前に落ちてしまい累代危機でした。
そして最後のニョロが蛹化したのですが外からは性別がわからずなんとも歯がゆいですが蛹で取り出すとリスクが上がるので我慢してました。そして本日羽化後1週間ほどたったので意を決して割り出してみました。
これで♂なら累代終了ですのでぜひ♀をと言いたいですが今まで最後のニョロが♀だったことはほとんどないので不安でいっぱいでした。
そして結果は?
スリナム
写真では分かりずらいですが♀が完品羽化してました。
これでなんとかブリできるんじゃないかと思いますが今回は落ちないように慎重に管理します。
前回は、ミズゴケ管理で落ちたんで今回は加水したマットを入れた1400cc瓶で23度くらいの温度で管理します。
今現在マットに潜っているので出てくるまでそっとしておきますかね。
ちなみに♂は、軽度の羽目パカですがおそらくブリには問題ないと思うので♀の後食を待ってブリします。
♂は、後食を開始していますがミツノは結構長生きなんで2ケ月程度のズレなら何とかなりそうですかね。
かっつさん、いただいたニョロなかなかうまく羽化させられず申し訳ありませんでした。m(_ _"m)
なんとか1ペアはできましたので次世代残せるように頑張りますね。(^^)/

PS 本日クワガタを2種類ほどセットしたんですが前に仕込んでいたバクテリア材結局間に合わなかったのでそのまま入れちゃいました。(;´・ω・)
今日追加で仕込みましたが今回はちゃんと寝かしていいバクテリア材を作りたいです。(^^)/

スポンサーサイト
2016-12-15(Thu)

気になる生物について&スリナム第1号羽化

タイトルの気になる生物なんですが、今日ヤフオクをチェックしているときれいなザリガニが出品されていたのでよく見てみると単為生殖であるようでした。
名前をミステリークレイフィッシュというのですがなぜかザリガニなんですよね。(・・?
そして、何気に興味がわいたので調べてみるとどうもこのミステリークレイフィッシュは自然界には存在せず人間がザリガニを飼育中に偶然発見したらしいです。どうやら、飼育下の何かの要因でザリガニが単為生殖を身に着けたらしいのですが詳細は謎に包まれているようです。まさに、ミステリーですよねえ。
自然界にも、♀のみで繁殖する生物はいますが今回のはそれとはちょっと事情が違うようですね。
私の知っているのは、ヤエヤマサソリやユウレイナナフシですがユウレイナナフシには♂がいるんですが単為生殖できるのに♂が必要なのか疑問です。
実は、単為生殖とは簡単にいえば自分のクローンを作れるってことなんですよねえ。
当然♀のみの遺伝子しかないのですから生まれる子供も全く同じ遺伝子を持っていることになります。
ゆえに、完全に親の特徴をそのまま受け継ぐので後天的な形以外は親と全く同じです。
そのため♀しか当然生まれませんよね。でも、自分でクローンを作れるってことは半永久的に自分の遺伝子を後世に残せるってことですよ。何気にスゲーと思いました。
今回のミステリーフィッシュは、人間が偶然生み出した産物なんで今いる個体は実はすべて同じ遺伝子持ってるんじゃね。
そう考えるとちょっと怖いような気がします。なにか、自然の摂理を無視しているようでなにかやな予感がしてなりません。
でも、もし単為生殖のメカニズムが解明されれば簡単にクローンを作れるわけですからなんか怖いですよね。(;´・ω・)
もし、このメカニズムが解明されいずれ人間に応用されれば全く同じ遺伝子を持った人がいっぱいできるんでしょうかね。

さて、カブクワネタですが先日かっつさんよりいただいたスリナムミツノカブトの第1号が羽化しました。
これは、マット交換で前蛹で回収したのを人口蛹室で羽化させました。
スリナムミツノカブト♀羽化
羽化した当初は、お尻が丸出しでしたが時間を置いたらお尻はかくれましたが羽は出っ放しですので軽度の羽化不全ですね。
まあ、お尻はしまってるのでブリには使えそうですけどね。
前の記事で蛹をアップした際もしやチイサイズの♂じゃね?って意見があって蛹を見るとごく小さな角のようなのがあるようなないような感じで正直どっちかわかりませんでした。
実際羽化個体を見ると頭の部分の凹みとその他の部分をみるとやっぱり♀のようです。
時期的にも♀の方が羽化は早い傾向にあるんで間違いなさそうです。
それにしても、スリナムの成虫初めて見ましたがロンギとの違いが全然判りません。
しいて言えば、ロンギが一回り大きい感じがするくらいですね。
特に♀は、ほとんど区別つかないので混ざったらやばいですね。(;´・ω・)
残りのニョロたちは、まだまだニョロをしたいらしく蛹化しないですが早く♂を拝みたいもんです。(^^)/
うーん、でもよく見ると凹みの左右にあるの角だったりして。(;´・ω・)


2016-08-18(Thu)

スリナムミツノマット交換など

今日は、かっつさんから頂いたスリナムミツノカブトのマット交換をしました。
800cc瓶で管理していましたがどうもマットの劣化が激しいため急きょマット交換をすることに。
そして、8個の瓶の中身を確認するとこんな感じでした。
ミツノカブト
2ニョロほど、落ちてしまい6ニョロの無事を確認しました。
どうもマットの水分量が多すぎたのかマットの劣化が激しく泥化しているところもありました。
廃菌床マットを使ったのも劣化が早かった原因かもしれないですね。
それと気になったのが5ニョロは3令になってましたが1ニョロだけ2令のままでした。
孵化時期は、そんなに変わらないのにどうしてなんでしょうかね。
触ってみると弱っているわけではないので謎ですね。(・・?
今回は、ほぼ3令になったので大き目のケースで多頭飼いしてみようかと思ってます。
3令なら共食いもないと思うので実験的にやってみます。
マットも今回は廃菌床マットではなく普通のカブトマットでやってみますね。
これ以上落ちるとやばいですので何とか残った幼虫たちには頑張ってもらいたいです。

PS
  超放置飼育中のティティウスシロカブトが蛹化しました。
ティティウス白カブト
見てお分かりの通り、♀2の蛹です。
元々累代予定はなかったので構わないですがせめて2♂なら多少テンション上がったのになあ。( ;∀;)
この個体は、近所の幼馴染から成虫ペアを貰い累代してましたが小さい癖に幼虫期間が長く羽化しても寿命が短いため累代がめんどくさくなってしまいました。
シロカブト系は、グラント、ティティウス、ヒルスとやってきましたがすべて累代せず撤退しました。
もう少し長生きで幼虫期間が短ければつづけたんですけどね。(^^)/

2016-06-23(Thu)

うれしい着弾

本日、虫友のかっつさんよりあるものが着弾しました。
スリナムミツノ幼虫
これは、前々から欲しかったスリナムミツノカブトの幼虫になります。
前に、かっつさんの記事でスリナムミツノカブトが爆産したとあったのでコメントにほしいと書いていたらなんと連絡があり送っていただけることになりました。(^^)/
そして、本日無事に幼虫が届きました。とても丁寧な梱包を空けてみるとなんと、8ニョロも入っていました。
たくさんの幼虫を送ってくださりとてもうれしかったです。

こちらからお願いしたにも関わらず送料まで負担して頂きありがとうございます。m(_ _"m)
私のクワカブでよろしければ、いつでも送りますので遠慮なくいってくださいね。

今日は、朝から雨で気温が低かったので良かったですが先週は洒落にならないほど暑かったので心配してました。
私の住むのは群馬県でも南部になりますのでめちゃくちゃ暑いです。
あの高温で全国トップクラスの熊谷市や舘林市の近くになりますので真夏は40度を越えます。
ですので、この時期はカブクワが心配でなりません。
今日も、実は結構心配しましたが幼虫が無事で本当に良かったです。(^^)/
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

クワカブマイスター

Author:クワカブマイスター
群馬県在住
家族構成 妻、娘、息子、母と暮らしています。

大型血統、極太血統を中心にカブトムシも飼育中です。
冬場は、スノボも趣味としています。
じつは、趣味として家庭菜園もやってます。

クワ友募集中です。(クワカブ大好きの人)
相互リンクも同時募集中です。気軽にお声がけください。

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

禁断の扉♡
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク