2017-02-04(Sat)

南米のレアカブト第2陣着弾&内緒クワ降臨

本日は、本来仕事は休みの予定でしたがなんと部下がインフルに掛かり長期離脱。(;´・ω・)
じゃあ部下の仕事は誰がやるの・・・私でしょってんで休日出勤です。
まあ、休日の仕事は邪魔が入らないので嫌いじゃないですが今日はあるものを郵便局に取りに行かないといけないんで仕事は午前中で切り上げました。まあ、なんとか目標以上の成果はできたんでいいかな。
ってことで、午後1時に郵便局へ。そうですよ、南米レアカブトの到着が待ちきれず局留めに変更して取りに行きました。
三重県からの発送なのでゆうパックだと午後2時以降が最短なんで取りに行った方が若干早いんですよね。
ヤマトなら午前中着指定できるんですけど、相手の指定なんでしょうがないです。
まあ、最近は暖かいし大丈夫でしょう。
で、到着したのがこちら。
まずは、♀です。
ムナビロヒサシヘラヅノ♀
これを見てわかる人はほぼいないでしょうね。ロンギの♀にちょっと似てますが頭に凹みがないので違います。
それにしてもテカテカしていてきれいですよ。

そして♂です。
ムナビロヒサシヘラヅノ♂
♂の方は、若干特徴が出ていますので南米系に詳しい方ならわかるかも。
特徴は真ん中の大きな角ですがこれは中型♂なんでそれほどでもないですかね。
大型だともっと太くて黒光りしてます。(爆)

そしてその正体は、ムナビロヒサシヘラヅノカブトペアでした。
なんかすごい名前ですが南米に生息するヘラヅノカブトの一種ですね。

スペック紹介
ムナビロヒサシヘラヅノカブト
産地:ブラジル リオデジャネイロ
累代:WF1
羽化:2016年12月下旬頃

このカブトには思い入れがあり、まだクワカブ始めてそれほど経ってないときたしかクワカブプラネットだったかな?にWDペアが入荷していたんですがその独特の角に魅力を感じ欲しかったんですが値段を見てびっくり。物の数秒であきらめました。
あれから数年ヤフオクでもあまり出品されないし、去年の年末にペアが出品されてたんですが九州からの出品のため断念してたんですよ。
そして今回翌日発送エリアだったんでぜひ欲しかったんですが値段はまあ・・・ね。
それでも昔のWDペアに比べれば5分の1くらいなんでポチっちゃいました。(;´・ω・)
そしてそのままライバルもなく落札しました。まあ、残業に休日出勤でハイになってたんでしょうがないです。(笑)

ムナビロは、例のごとく休眠が長い種なんで活動時期が合わないとやばいです。
話では、6カ月から8カ月寝るらしいのでちょい不安はありますね。
成虫自体は丈夫で長命らしいので多少のずれは何とかなるかな。
出品者さんに、ブリ方法も聞いたんで活動開始したら即ブリです。おそらく、夏あたりに活動始めそうな気はしますね。
なるべく同じ条件で飼育するように中ケースにミズゴケで同居管理中です。
早速潜ってましたんでしばらくそっとしておきます。
問題は、夏場の高温ですが我が家はエアコン管理なんで大丈夫だとは思いますね。30度超えなければ大丈夫そうです。
次世代が採れたら大型のデカいヘラズノを見てみたいですね。(^^)/

PS 話は変わりますが、本日プロゼリーがなくなりチャームに買いに行ったらあるクワガタが入荷してました。
それは、前から気になってたけど買ってなかったクワガタです。
ヒントは、インドネシア産で今回はWD、飼育者はあまり多くなく小型です。
最終ヒントは、哀川翔ゆかりのクワガタなんですよね。これでわかった方はなかなか鋭いです。
ちなみにクワガタなんで哀川翔なら国カブだろと思われる方多いと思いますが違います。
ちょっとひねればわかるかもしれません。このクワガタはWDなんで速攻セットに投入です。
正解は、その内ネタがなくなったら発表します。(^^)/





スポンサーサイト
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

クワカブマイスター

Author:クワカブマイスター
群馬県在住
家族構成 妻、娘、息子、母と暮らしています。

大型血統、極太血統を中心にカブトムシも飼育中です。
冬場は、スノボも趣味としています。
じつは、趣味として家庭菜園もやってます。

クワ友募集中です。(クワカブ大好きの人)
相互リンクも同時募集中です。気軽にお声がけください。

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

禁断の扉♡
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク