FC2ブログ
DHヘラヘラレッドアイ補強
2019 / 02 / 19 ( Tue )
ツイッター始めました←クリックでGO。
無言フォロー大歓迎です。私の無言フォローもお許しくださいね。
まあ、虫以外にもどうでもいいこと呟いてますが・・・。(;'∀')

--------------------------------------------------------
先月のことですが後食を開始して成熟待ちしていたDHヘラクレスのレッドアイ♂が前触れもなく☆になり唖然。(;'∀')
管理温度が若干低かった可能性もありますがそれでも17度くらいはあったので落ちるとは思えないんですが落ちたものはしょうがないのでどうしようか迷ってました。
レッドアイは、羽化ズレで♀を補強しているので意味がなくなっちゃうのでいいのがいたら補強も考えてました。
そして、ちょうどレッドアイの♂単出品が複数あったので唯一入札の無かった角曲がりの♂を落札。
スペック紹介
♂ 約 117mm 11月9日 羽化 未後食 角曲がり 血統名 Gコノ(赤目ガルシア×コノR)
redgoblin47様 オリジナル血統 コノRに赤目ガルシアを掛けた血統になります。
赤目ガルシアのインブリードでは血が濃い為か130mm台から下が多く出ますがコノRはレッドアイで160mmを超える血統です。
累代 F3
ってことらしいです。
前に補強した♀の血統を忘れたんですがガルシアだったような気もするんですが別血統の可能性もあるので、赤目でも別血統だと100%レッドアイにならないのでどうなるかは羽化してのお楽しみになります。
ちなみに補強した♂写真です
DHヘラクレスレッドアイ1
DHヘラクレスレッドアイ2
角曲がりで117ミリなんで結構太いです。完品なら140は超えてますね。
角曲がりとは言えこのサイズのレッドアイの♂がお安くゲットできたんで良かったですよ。
未後食とありましたが暖かいところに置いたらすぐゼリー食べだしたんで一ケ月くらいたんまり食べさせてブリですかね。
♀が成熟しちゃってるのである程度のところで交尾させるか迷うところですけどね。

PS 
今回、東北からの落札だったので寒さが怖かったのでゆうパック局留めで発送してもらったのですが配達だと14時以降が最短なんですが局留めの場合は、ほとんど午前中にはステータスが保管になるのでリスクが減らせます。
保管場所もエアコン管理なんで、ヤマトの午前中指定より安心です。
ゆうパックだと翌日午前中配達エリアが少ないのでこの方法が結構有効だったりします。
配達準備があるので14時配達なら指定郵便局には、ほぼ午前中には到着しますからね。
今回宮城県→群馬県で9時には保管になってたので遅くても12時前には受け取れそうですね。
ただ、100%ではないですが配達よりはかなり早く受け取れ安全なのでお勧めです。
ただ、土日も営業している郵便局を指定しないとダメですのでその辺は注意してください。(基幹郵便局だと早い上に土日も受け取れますからね)(^^)/





スポンサーサイト
05 : 48 : 50 | DHヘラクレスレッドアイ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
パウリアニ&シロヘリブリ開始(*^▽^*)
2019 / 02 / 17 ( Sun )
ツイッター始めました←クリックでGO。
無言フォロー大歓迎です。私の無言フォローもお許しくださいね。
まあ、虫以外にもどうでもいいこと呟いてますが・・・。(;'∀')

--------------------------------------------------------
さて、先日後食が始まっていたシロヘリを1ペア試しにセットしてたんですが1週間たつので試しに割り出してみました。
駄目なら再度成熟させようと思ってたんで確認のためですね。
ブンブンは、無駄打ちすると打ち止め早いのでこの辺の見極めはしとかないとね。
ちなみに親はこちら。
シロヘリ親
雌雄とも上翅の縁にブルーが入った個体です。(♂の方がブルーが綺麗)
まあ、ブルーはほんの少しなんですけどね。
この辺のブルー交じりやパープル系のシロヘリは、おそらくD・オーベル(シロヘリ亜種)とのハイブリッドだろうとは思うのですがその辺は触れられてませんね。(D・オーベルは無紋で結構派手な感じですかね)
パプキンなんかで、言えばアルファック産とワメナ産を掛け合わせているようなもんでしょうか?
真偽は、わかりませんがとりあえず割り出した結果です。
シロヘリ卵
ざっと割り出して、8個卵が出てきました。
ちゃんと探せば後数個はマットにありそうでしたが試し割なんで適当です。
これで、産卵は確認できたのでマットとペアを戻して今度は、3週間ほど放置して成虫を取り出し、さらに2週間待って割り出しです。
後2ペア控えてますが今日あたり後1ペアは、セットしようかな。
シロヘリは、爆も十分あるのでセットは慎重にしないとやばいくらい抱え込むことになりそう。(;'∀')

話は変わってこちらも成熟待ちだったパウリアニですが全ペアを同ケースで管理してたら先に1ペア後食したんで別管理してたんですが遅れている方が先にケースで交尾してたんでセットしようとケースから出すと2個の卵を発見。
割り出したときのマット少量と転倒防止材の管理でしたが産んでるーーー。(笑)
パウリアニ卵
パウリアニ自体、ヒメカブトなんで産卵は容易だとは思うんですがこんな適当なのに産むとはね。
急いで、通常セットに入れておいたので存分に産んでくれ。(^^)/
前回累代障害なのか産みが悪い上に、飼育中もボチボチ落ちたので数は多目に採っておいた方がよさそう。
パウリアニは、WD入荷もまずなさそうなんで今後の血の家替えがネックになりそうですかね。
流通も少ないので、別血統の成虫を探すのが難しいですね。(出回っているのも同血統の可能性も結構あるんで)

そして、2♀目も昨日バッチ交尾中♡( ´∀` )
パウリアニペアリング
ってことで、いっぱい採っておくか。(^^)/

PS 来週はKUWATA大宮ですが行くのは確定ですが何を買うかは未定です。
ってかKUWATAは、いつも行き当たりばったりですが・・・。(笑)
今回の大宮は、家からそんな遠くないので車で行こうか検討中。(前回は車でした)
用品買うなら電車は、結構大変なんですよね。
今回の大宮は、結構規模が大きくなりそうなんで何気に楽しみです。(^^)/



07 : 32 : 55 | パウリアニコガタヒメカブト | トラックバック(0) | コメント(8) | page top
シロヘリ早くも活動開始&パラワンセット
2019 / 02 / 11 ( Mon )
ツイッター始めました←クリックでGO。
無言フォロー大歓迎です。私の無言フォローもお許しくださいね。
まあ、虫以外にもどうでもいいこと呟いてますが・・・。(;'∀')

--------------------------------------------------------
先月、マット交換しようとしたら繭玉を壊してしまい焦ったら中から成虫が出てきてホッとしたシロヘリですがその後残りの繭玉も気になり割ってみたら成虫が5頭出てきました。
シロヘリ
基本エメラルドグリーン系の色ですが一部ブルーが入っている個体やパープル系も混じっています。
自力ハッチじゃないので、まだ寝てるかと思ったらすでに活動開始してます。(;'∀')
しかも、全部同じケースで管理してたんで交尾してるし。
ってことで、どれがどれかわからなくなったので気に入った色をセットしようかな。
振り分けは現在、♂2、♀3となりブリしやすい状況です。
この血統は、残り2頭と蛹で割り出してしまったのが1頭いますが人口蛹室のは多分ダメですかね。(;'∀')
ブンブンは、前蛹や蛹で繭玉壊すとほぼ落ちるので繭玉作成後の管理は慎重にした方がいいですね。
シロヘリは、このほかにパープル血統のが5頭いてそちらも一部繭玉作成したんでそろそろかな。
結構な数が羽化してくるのでどの辺をブリするか迷うところです。(^^)/

さて、先週から同居中のパラワンですが先日2♀目を同居させて、最初の♀を数日休ませていたので昨日セットしました。
パラワンは、マットのみでも産みますが今回は、チャームでアウトレット菌糸ブロック丸を買ったのでマット+菌床のコラボセットにしました。
中コンテナに、マットを少し堅詰めして上に半分に切った菌床入れて周りをマットで埋める方法で材を埋めるのと同じです。
全部菌床でやるよりは、経済的だしどっちにも産むタイプにはいいかなと。
去年は、人工産卵木(菌床を圧縮して棒状にしたもの)を同じ手順でセットしてかなり産んだので今回も似た感じで行ってみようかと。
♀は、すぐに潜ったのでいまのところは順調ですかね。
まあ、油断は出ませんが来週2♀目をセットして後は様子見ですね。
何気に、本家から購入した皇帝血統パラワンもインブリで3回目なんで次回あたり血の入れ替えも検討していく予定だけどよさげな別血統ペアが手に入るかが問題(信用できるところでないとだめだしね)(^^)/
05 : 37 : 30 | シロヘリオオツノカナブン | トラックバック(0) | コメント(8) | page top
レアノコ着弾(*^▽^*)
2019 / 02 / 09 ( Sat )
ツイッター始めました←クリックでGO。
無言フォロー大歓迎です。私の無言フォローもお許しくださいね。
まあ、虫以外にもどうでもいいこと呟いてますが・・・。(;'∀')

--------------------------------------------------------
いやあ、今日は雪の予報ですが今降ってないです。
ってか雪もそうですが雨も降りません。
今年に入ってから、雨または雪は数回だけでしかもすぐやんでしまい湿度がやばい。
元々この周辺は冬場は乾燥しますが現在の虫小屋の湿度10%です。
そのため、打ち水やコンテナに水を入れて複数置いてますが20%くらいが限界かな。
そのため、菌糸カップのマットがすぐカラカラになるので濡れた新聞紙を敷いた発泡箱で一部管理中です。
それだと、湿度60~70%くらいをキープできるのでマットが乾燥することもほとんどないですね。
湿度
ただ、発泡箱がそんなに大量にないのであぶれた分をどうしようか考え中ですがコンテナボックス+濡れた新聞紙でも何とかなるような気もするので併用するかな。
ほんと湿度10%なんてありえねえ---。(´;ω;`)

さて、先週ですがそろそろKUWATA大宮があるのでお金を貯めようとはしているのですが欲しいものがあるとついついポチっちゃいますね。(笑)
ってことで、こんなの来ましたけど。
バヤニーノコ
菌糸カップにはいっているのは、WD入手が困難でほとんど入ってこないノコのニョロペアです。
スペックがこちら。
貴重!P,ラテラリスsspバヤニィ/3令幼虫ペア★
■産地:バブヤン諸島/カラヤン島
■累代:CB
■サイズ:3令
■仕様:幼虫ペア/250アルティマ菌カップ入り
むかし、ラテラリス・フランシスといっていたバヤニーノコですね。
ほとんど流通もない上、フィリピンなんでWD入荷も最近ほぼないです。
しかも、カラヤン島自体がかなり渡航が大変らしく今後もWD入荷はまずないらしいですから貴重でしょう。
バヤニーノコって、バブヤン島産もいるようですが違いはよくわからず。
ラテラリスは、先日原名亜種をポチってるので2亜種目だね。
バアヤニーノコは、原名より大きくなりかっこいいので大歯ねらいたいですね。(^^)/

さて、先週ニョロを確認していたビロバですがあの後ちゃんと割り出して19ニョロ+1卵でてきました。
♀も弱ってますが健在のため再セット。
さらに、2♀目を割り出そうとマットを出すとデジャブのような展開で底にド初令&卵発見し戻して大気中。
ってことは、30以上は行きそうな気がするので大成功ですね。(^^)/
マットは、前回失敗したので月夜野の完熟マットとDOSの完熟カブトマットで飼育中。(^^)/
06 : 12 : 48 | 国産カブトムシ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
ビロバ割り出し&タカクワイ割り出し
2019 / 02 / 03 ( Sun )
ツイッター始めました←クリックでGO。
無言フォロー大歓迎です。私の無言フォローもお許しくださいね。
まあ、虫以外にもどうでもいいこと呟いてますが・・・。(;'∀')

--------------------------------------------------------
昨日平日は中々できない割り出しをいくつかしました。
最初は、年末のKUWATAで購入したビロバヒロズノカブトの2セットの内の一つです。
ビロバは、初飼育でペアが出来ず終了し、リベンジではニョロが全滅という散々な結果でブリが出来てませんでしたので安かったこともあり2ペア購入してました。
しっかり同居させ、セットして一カ月近いので一度割り出してみました。
結果はこんな感じ。
ビロバ
マットが硬かったのかケースからすっぽり抜けたマットの底に2ニョロ発見。
ド初令なんで、怖いのでもう少しセットで待つことにして割り出しをやめてケースに戻しました。
♀も生存していたので、再セット予定。
前回は、マットが合わず全落ちだったので、低添加のマットをチョイスしたいが高いマットは困るので候補は月夜野の完熟マットあたりかな。
あれなら、送料無料で50リットル買えるし値段も安めだからな。
月夜野まで取りに行ってもいいが冬場は雪が結構あるので余り車で行きたいくないなあ。
後は、DOSの完熟系のカブトマットが使えれば安くていいんだけどいっぱい採れたら試しに使ってみるかな。
さすがに、rushマットはやばいきがする。(;'∀')

それとタカクワイですが、セットから2カ月近くたつので割り出してみたらニョロ0。
卵がケース底に見えたが見つからないのでそのままケースに戻しておきました。
♀は、健在なんでおい掛け後に再セット予定。
次回は、材も入れて万全の態勢で挑むがなんかやな予感しかしない。(;'∀')

PS それにしても、こちらはほとんど雪も雨も降らずやばいくらい乾燥してます。
ちょっと前まで、20%前後だった虫小屋の湿度が10%になりさすがにやばいので毎日虫小屋に打ち水してます。
それでも、20%くらいまでしか上がらないのでマット管理している種は気を付けないとカラカラになってしまいます。(;'∀')
06 : 33 : 08 | ビロバヒロヅノカブト | トラックバック(0) | コメント(10) | page top
| ホーム | 次のページ>>